Ntt tc リース。 NTT・TCリース株式会社の産業競争力強化法に基づく事業再編計画を認定しました (METI/経済産業省)

東京センチュリーがNTT・TCリースと協業、船舶ローンを提供

(2)その他 NTTは、リース事業及びグローバル事業の一部を分割した後のNTTファイナンス(本日現在のNTTの株式保有割合は92. 東京センチュリー株式会社、日本電信電話株式会社にNTTファイナンス株式会社のリース事業とグローバル事業の一部を分社化して統合した、 3 社の合弁会社となる。 総合リース大手の東京センチュリーは6日、NTTと資本提携を発表した。 総額約938億円の第三者割当増資の一部をNTTが引き受け、株式の10%を取得する。 NTT及び東京センチュリーは、これまでも、2005年に両社のオートリース事業の統合により、日本カーソリューションズ株式会社を発足し、同社を業界トップクラスのオートサービス会社にまで成長させる等の協業関係がありますが、更なる関係強化に向け、両社間で協議を進めてきた結果、国内外での強固な顧客基盤、グローバルなブランド力及び人材力、世界トップクラスの研究開発力等を有するNTTと、アセットの価値評価や管理能力に優れ、柔軟かつ多様な金融・サービスを提供する東京センチュリーが資本業務提携を行い、両社の強みを融合し、協業を推進していくことが、それぞれの企業価値の向上に資するとの認識で一致しました。 NTTグループが有する信用力・研究開発力、NTTファイナンスが培ってきたリース事業のケイパビリティと、東京センチュリーが有する金融・サービスソリューションノウハウ及びその提供能力とを融合させることにより、新会社の企業価値を向上させるとともに、NTTグループの資産の有効活用にも取り組んでまいります。 一方、東京センチュリーは、2009年4月の合併以降、規制に縛られない自由な経営環境のもと、金融を主軸としたビジネスからの変革に注力し、優良パートナーとの共創による事業性ビジネスを推進し、新たな事業領域の拡大に注力するとともに、「金融機能を持つ事業会社」として、社会的課題の解決に貢献する新しい金融・サービスを不断に創出し、良質かつ強固な事業ポートフォリオを構築することをめざしております。 1.事業再編計画の認定 NTT・TCリース株式会社から提出された「事業再編計画」について、産業競争力強化法第23条第5項の規定に基づき審査した結果、同法第2条第11項に規定する事業再編を行うものとして、同法で定める認定要件を満たすと認められるため、「事業再編計画」の認定を行いました。

>

東京センチュリーがNTT・TCリースと協業、船舶ローンを提供

NTTファイナンス株式会社は、NTTグループの金融中核会社として貢献しているため、リース事業及びグローバル事業の運営においても、安全性をより重視した営業活動を行ってきました。 にもかかわらず今回のNTTとの資本提携でみずほの出資比率は低下する。 東京センチュリーとNTTの資本業務提携の第一弾として、両社のリース事業およびファイナンス事業を強化・拡充するため設立され、本年7月に営業を開始しました。 2.取組み概要 (1)資本業務提携の概要 NTT及び東京センチュリーは、資本業務提携の第一弾として、両社の国内外におけるリース事業及びファイナンス事業を強化・拡充するために、NTTグループにおける金融中核会社であるNTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂井 義清、以下「NTTファイナンス」といいます。 具体的には、NTTファイナンスが新たに設立する新会社(「NTT・TCリース株式会社(予定)」)に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化します。 1.背景と目的 NTTは、中期経営計画『Your Value Partner 2025』で発表したとおり、グループの保有する人・技術・資産を活用し、多様なサービス提供者との協業やサービス提供者のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するB2B2Xモデルを推進しており、それにより、スマートな社会=Smart World実現への貢献をめざしております。 当該計画は、NTTファイナンス株式会社のリース事業及びグローバル事業の一部を、会社分割によりNTT・TCリース株式会社が承継するものです。

>

日本電信電話株式会社と東京センチュリー株式会社の資本業務提携による協業の推進について:NTT持株会社ニュースリリース:NTT HOME

1.背景と目的 NTTは、中期経営計画『Your Value Partner 2025』で発表したとおり、グループの保有する人・技術・資産を活用し、多様なサービス提供者との協業やサービス提供者のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するB2B2Xモデルを推進しており、それにより、スマートな社会=Smart World実現への貢献をめざしております。 )のリース事業及びグローバル事業の一部を分社化し、NTT、NTTファイナンス及び東京センチュリーの3社による合弁会社とすることとしました。 NTTグループが有する信用力・研究開発力、NTTファイナンスが培ってきたリース事業のケイパビリティと、東京センチュリーが有する金融・サービスソリューションノウハウ及びその提供能力とを融合させることにより、新会社の企業価値を向上させるとともに、NTTグループの資産の有効活用にも取り組んでまいります。 また、NTTと東京センチュリーは、両社の展開する事業領域で、両社の保有する強みを融合させることで新たなビジネスを創出することに努めてまいります。 <対象船主要目> 船型 37,500MT 型撒積貨物船 船籍 パナマ 建造造船所 しまなみ造船株式会社 全長 180m 型幅 29. 具体的には、NTTファイナンスが新たに設立する新会社(「NTT・TCリース株式会社(予定)」)に対し、リース事業及びグローバル事業の一部を分社型吸収分割の方法により承継させた後、東京センチュリーが新会社の株式を取得することにより、新会社を合弁会社化します。 現在、グローバル、不動産、環境・エネルギーといった分野において、具体的な検討を開始しておりますが、デジタル化・IoT等の成長分野においても、アセットビジネスの共同展開等の協業可能性について、検討を進めてまいります。 NTT・TCリース株式会社 概要 東京センチュリー株式会社と日本電信電話株式会社の資本業務提携の第一弾として、両社のリース事業およびファイナンス事業を強化・拡充するため設立、2020年7月に営業を開始した。

>

日本電信電話株式会社と東京センチュリー株式会社の資本業務提携による協業の推進について

関連記事: 関連記事: 関連記事: <以下、リリース> 2020 年10 月19 日 各 位 会 社 名 東 京 セ ン チ ュ リ ー 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締役社 長 野 上 誠 (コード番号 8439 東証1 部) 問 合 せ 先 広 報 I R 部 長 山 下 圭 輔 (TEL03-5209-6710) NTT・TCリース株式会社との船舶ローンにおける協業について 当社は、シンガポール船主の新造撒積船に対するジュニアローンを提供する運びとなりました。 引き続き当社は、NTT・TC リースをはじめとするNTTグループと様々な分野で協業を広げ、お客さまに最適なソリューションを提供してまいります。 本船にはNTT・TCリース株式会社(以下、NTT・TCリース)がシニアローンを提供しており、2020 年2 月に当社が日本電信電話株式会社(以下、NTT)と資本業務提携契約を締結して以降、船舶分野における初めての当社とNTT・TCリースの共同案件となります。 現在、グローバル、不動産、環境・エネルギーといった分野において、具体的な検討を開始しておりますが、デジタル化・IoT等の成長分野においても、アセットビジネスの共同展開等の協業可能性について、検討を進めてまいります。 。

>

日本電信電話株式会社と東京センチュリー株式会社の資本業務提携による協業の推進について:NTT持株会社ニュースリリース:NTT HOME

経済産業省は、NTT・TCリース株式会社(法人番号:3010401151289)から提出された産業競争力強化法第23条第5項の規定に基づき「事業再編計画」を認定しました。 関連資料• 一方、東京センチュリーは、2009年4月の合併以降、規制に縛られない自由な経営環境のもと、金融を主軸としたビジネスからの変革に注力し、優良パートナーとの共創による事業性ビジネスを推進し、新たな事業領域の拡大に注力するとともに、「金融機能を持つ事業会社」として、社会的課題の解決に貢献する新しい金融・サービスを不断に創出し、良質かつ強固な事業ポートフォリオを構築することをめざしております。 この資本提携に少なからずショックを受けているのは、東京センチュリーの母体銀行のみずほフィナンシャルグループだ。 2.事業再編計画の実施時期 開始時期 令和2年7月 ~ 終了時期 令和5年3月 3.申請者の概要 名称:NTT・TCリース株式会社 資本金:1,000百万円 代表者:代表取締役 岡田 顯彦 本社所在地:東京都港区港南一丁目2番70号 参考 法律・関連した支援制度の詳細は下記特設ページを御覧ください。 しかし本事業再編により、新会社のNTT・TCリース株式会社においては、柔軟な意思決定のもと安全性を重視しつつも、従来以上に積極的な事業展開に取り組んでいくことで、生産性の向上を図り、企業価値の更なる向上を目指します。

>

日本電信電話株式会社と東京センチュリー株式会社の資本業務提携による協業の推進について:NTT持株会社ニュースリリース:NTT HOME

東京センチュリーは旧第一勧銀系のリース会社であったセンチュリー・リーシング・システムと東京リースが2009年に合併してできた会社で、現在の浅田俊一社長はじめ、みずほOBが多数在籍している、超がつくほどの親密企業だ。 9 月 29 日には、今治造船グループのしまなみ造船株式会社(本社:愛媛県今治市)にて、当社、NTT・TCリースの代表者も出席し、進水式が執り行われました。 NTT及び東京センチュリーは、これまでも、2005年に両社のオートリース事業の統合により、日本カーソリューションズ株式会社を発足し、同社を業界トップクラスのオートサービス会社にまで成長させる等の協業関係がありますが、更なる関係強化に向け、両社間で協議を進めてきた結果、国内外での強固な顧客基盤、グローバルなブランド力及び人材力、世界トップクラスの研究開発力等を有するNTTと、アセットの価値評価や管理能力に優れ、柔軟かつ多様な金融・サービスを提供する東京センチュリーが資本業務提携を行い、両社の強みを融合し、協業を推進していくことが、それぞれの企業価値の向上に資するとの認識で一致しました。 東京センチュリー株式会社とNTT・TCリース株式会社が協業、シンガポール船主の新造撒積船に対するジュニアローンを提供 東京センチュリー株式会社が、日本電信電話株式会社との資本業務提携契約の一環として、NTT・TCリース株式会社と協業し、シンガポール船主の新造撒積船に対するジュニアローンを提供する。 (2)その他 NTTは、リース事業及びグローバル事業の一部を分割した後のNTTファイナンス(本日現在のNTTの株式保有割合は92. 以 上. )のリース事業及びグローバル事業の一部を分社化し、NTT、NTTファイナンス及び東京センチュリーの3社による合弁会社とすることとしました。 17%)を完全子会社化し、ビリング事業・グループファイナンス事業等のNTTグループ向け機能の提供会社とすることを予定しております。

>