づつ ずつ 使い分け。 「づつ」と「ずつ」どっちが正しい?違いはコレ!

「ずつ」「づつ」正しいのはどっち?文部科学省推奨内容も解説

では、どうして「ずつ」が正しい使い方なのでしょうか? というのは、「づつ」は古典仮名遣いであり、「ずつ」は現代仮名遣いであるため、現在の正しい使い方は「ずつ」になります。 まず、そもそも づつはすごい昔から使われていました。 日常生活では「ずつ」の代わりに「づつ」を使っても間違いではありませんが、答案用紙に「づつ」を使ったら減点されそうです。 それは単にマナーというだけではなく、取引先や新規顧客などと円滑なコミュニケーションを図る上での必須条件といっても過言ではありません。 そんなときはもともとの音に濁点(だくてん)を付ければO. 「づ」を例外的に使うとき しかし、「づ」を例外的に使うときもあるため注意しましょう。

>

文化庁が定めた「づつ」と「ずつ」のルール

そのため「づつ」も間違いとは言い切れません。 それ以外にはNHKにおいても「ずつ」を正しい表記として統一しているので、大多数の人は「ずつ」が正しい表記で「づつ」は誤りと認識しているのでしょう。 これは、平安時代に存在したの歌人、壬生忠岑が残した「日暮るれば山のは出づる夕づつの星とは見れどはるけきやなぞ」という歌からの抜粋の文です。 昭和21年11月から昭和61年7月は「ずつ」が正しい• 「現在は」と記載したのは歴史的な背景から見た場合には「づつ」と書いても間違いではないことにあります。 いったん昭和21年11月に「ずつ」にしなさい!となっている流れがあるからなんです。 「融通」は「融」と「通」にわけられますが、わけると「融通」の意味とは全く違ってきます。

>

「ずつ」と「づつ」の違い、語源、使い分け方

しかし、戦後の1946年に出された「現代かなづかいの実施」という内閣訓令の中で、「ず」を新かなづかい、「づ」を旧かなづかいとされました。 そして「づつ」を「現代仮名遣い」にしたものが「ずつ」というわけです。 「ずつ」と「づつ」の使い分けには、「ずつ」の語源を知ることも大切なようです。 漢字があるのは「ずつ」の方だけのようです。 「ずつ」の例文 10.「づつ」というと、古文の教科書に載っていた「つつゐづつ~」の和歌が思い出されたが、全く異なる言葉だった。 1946年(昭和21)に、「現代かなづかい」が公布されてからは, 「づつ」は、 おもに古典の表記にのみ使う、ということに使い分けがされてきました。 分ける物の中には、質量が同じく正しい量に分けることが難しいことがあります。

>

「ずつ」「づつ」の違い/使い分けと用法例|マナーの虎

先にご紹介したような基準に照合してみれば、「通」は「つう」であるため「ゆうづう」になり、「妻」は「つま」であるため「いなづま」になりそうですが、実際には違っています。 とはいえ先述のように間違いを指摘されてしまう可能性もあるので、その点については気に留めておいた方が良いかもしれません。 例えば、AさんとBさん、Cさんにあるものを配ります。 「一ページずつめくる」「少しずつ進む」 [補説]「一つ」「二つ」の「つ」を重ねたものか。 まず、そこにチョコレートが3個あるとします。

>

「づつ」と「ずつ」との違い、使い分け方とは?使い分けるコツとは?

これは内閣訓令の例によって『前と同じ音が連続する場合はそのまま濁点を付ける』と定められているためです。 この「現代かなづかい」では、「づつ」は間違いで「ずつ」が正しい仮名遣いとされました。 「ずつ」の意味 「ずつ」とは 「ずつ」とは、 数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことを意味しています。 これは、学校や習い事などのクラスなどに、10人いる人数を2組、つまり2人ずつに分けたときにこう表現することができます。 「ず」を使うことが本則だが「づ」を使うこともできるという主旨のもので、「ずつ」と「づつ」の両方を使えると定義しています。

>

「ずつ」と「づつ」はどちらが正しい?

同じ音が継続するとき 例えば、同じ音が継続するときは、続く(つづく)、鼓(つづみ)、綴る(つづる)などがあります。 「けふ」は「歴史的仮名遣い」で 「きょう」が「現代仮名遣い」です。 たとえば「墨」は「すみ」と書きます。 そのなかで「づつ」も使ってもいいんだよとなりました。 この 「けふ」や 「てふ」など終戦直後の頃までに用いられていた表記を 「歴史的仮名遣」または 「旧仮名遣」と呼び、それに対して現代人が使っている「今日」を 「きょう」、「蝶」を 「ちょう」と書く表記を 「現代仮名遣い」と言います。 例えば、ビジネスや学校の授業、テストなどで使う場合はどっちを使うのかというと、これは「ずつ」を使います。

>

「ずつ」と「づつ」正しいのはどっち?違いと使い分けのポイントもご紹介

スポンサーリンク あなたは文章を書くときにこんなことで迷うこと、ありませんか? たとえば「 少しずつ」と「 少しづつ」という表現。 なので「手綱」は「たづな」と書くようにすればO. 「ずつ」という言葉の意味を辞書ツールで調べていると、メインの言葉に挙がっているのは「ずつ」、そしてその補足表記として「づつ」が表記されています。 ビジネスメールや文書など、「ずつ」を使う機会も多いものですが、「づつ」ではなく「ずつ」を使うように気を付けましょう。 「五人ずつのグループを作る」などのように数量の等しさを表現するのに使用したり、「毎日少しずつ努力する」というように繰り返しを表現したりします。 外国人の方々が「日本語ムズカシイ!」と仰るのもよく分かります。

>

「ずつ」「づつ」正しいのはどっち?文部科学省推奨内容も解説

ある数量を当分に割り当てる際に用いるものであり、それぞれの数を指す言葉として使われています。 同じ音を重ねて使う時には「 前の字と同じ字を使う」というルールがあるからなんです。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 そのため「1人ずつ」「一歩ずつ」と書くのが正しい書き方となります。 しかし、「ずつ」と「づつ」の表記の仕方については昭和61年(1986年)に出された内閣訓令で次のように告知されています。

>