奥原 硝子 製造 所。 1952年創業の琉球ガラスの老舗が作るシンプルで使いやすいガラスの器〈奥原硝子製造所(那覇市)〉|沖縄CLIP

ワークショップ体験も。【沖縄】琉球ガラスを作り続ける、那覇市〈奥原硝子製造所〉へ。

~もっと、沖縄が好きになる。 注意 :琉球ガラス製品の取扱いに関してを必ずご一読ください。 陶器のカテゴリーから選ぶ• 終戦後の那覇市内の様子 移転前からの道具は当然現役です。 一連の作業にかかる時間は5分程度。 奥原硝子製造所さんから再生ガラスを使用した琉球ガラスが入荷しております。 ライトラムネ色に魅せられて。 工房ではグラス作りの体験も受付けている。

>

【楽天市場】日本の手仕事「良品」 > 沖縄県 > 奥原硝子製造所 琉球ガラス 民芸品:おまめ

是非多くの方に手に取ってもらいたい品です。 その頃は工房も数多くあったようですが、 アメリカ人相手の商売の縮小や民藝ブームが去った余波などもあり、 現在では奥原硝子製造所が沖縄最古の工房となっており、またこのような再生ガラスで製品を作る工房は極めて少なくなっています。 もっと毎日使いのワイングラスがほしい。 沖縄の旅行情報のご投稿はから。 その中では比較的に沖縄に元気な工場が残っていますので、「みんげい おくむら」では、 沖縄の琉球ガラスを中心にセレクトしています。

>

奥原硝子製造所、ライトラムネ色の誘惑。

今年で24年目を迎えるベテランは、若い後継者の育成にも熱心だ。 奥原硝子があるのは、那覇市の国際通り。 のものも取り扱っています。 昭和47年以前(本土復帰前)のガラス製品はその生産の60%を米国に、 20%を本土に輸出し、残りの20%が島内で販売されましたが、顧客のほとんどが 米国駐留軍人だったそうです。 この色、何か思い当たりませんか?? そう、実はこれは原料が窓ガラス。 興味がある人はチャレンジしてみてはいかがだろう。 どうぞ安心してご利用ください。

>

奥原硝子製造所 (琉球ガラス・再生ガラス・桃原 正男) | みんげい おくむら

それが明治時代になってから、生活用品の産業として、 石油ランプ、薬瓶、牛乳瓶、一升瓶、コップなどを人間の息で吹いて無数に作りましたが、 やがて機械製になってしまいました。 11,000円(税込)以上のお買い上げで送料半額とさせて頂きます。 個人差はありますが、元玉を上手に作れるようになるまで、だいたい3年はかかります」。 ・また、時間指定もうけたまわります。 びんがた沖縄には紅型や琉球織、やちむんと呼ばれる焼き物など、昔から. 沖縄のガラス工房が再生ガラスでアメリカ人を相手に商売をしていた頃、 民藝運動家で、益子の陶芸家の濱田庄司が沖縄を度々訪れており、 その際、再生ガラスに目を留めたそうです。

>

1952年創業の琉球ガラスの老舗が作るシンプルで使いやすいガラスの器〈奥原硝子製造所(那覇市)〉|沖縄CLIP

他の仕事もそうですが、いいものを作りたいという気持ち、向上し続ける追求心が大切です。 また、これまで工房で修行を積んだ後巣立っていった若者数名は、独立してそれぞれ工房を開いているという。 冷めると割れますから、熱いうちにテキパキと手際よくやらなくてはいけません」。 別途お見積りとなります。 代表的なのはグラスと水差しで、県内はもとより、県外各地のセレクトショップでも扱われている。

>

【楽天市場】日本の手仕事「良品」 > 沖縄県 > 奥原硝子製造所 琉球ガラス 民芸品:おまめ

こうして、沖縄には機械に頼らず、暖かみのあるガラス製品が 手しごとである程度の数生産できる土壌が整っているのです。 現在、沖縄で再生ガラスを使ったクラフトは至る所で見られるが、そのはしりが〈奥原硝子製造所〉であり、〝エコ〞という言葉が定着するだいぶ前から限りある資源を再利用し、大切に使う心を伝え続けてきた。 それらに答えていくうちに、色付きガラスや泡ガラスが生まれていきました。 ご注文後、3営業日を過ぎても当店からの連絡が無い場合は、 メールの不達の可能性がございますので、一度当店までご連絡をお願い致します。 お届け時間は、下記時間帯よりお選びいただけます。

>