偽 サイド バック。 偽サイドバック戦術の完全ガイド「これだけ見れば理解できる」

「偽SB」の先駆者。現代最高のマルチロール、ダビド・アラバの傑出した才能【西部の目】

守備の人数がどんどん減っていくわけです。 さらにストーミングとポジショナルプレーを融合させた ハイブリット戦術 になります。 中央で数的優位ができる 本来サイドにいるサイドバックが中央寄りのポジションを取るということはもちろん中央に人が多くなるということです。 4バックではサイドバックとウイングで、サイドレーンにおける攻撃と守備の役割を分担することが可能です。 だからこそ逆サイドへの展開は奇襲に繋がりやすく、そのスペースは手薄になりやすい。 例えば、攻撃時の選手の配置においてシティとブラジル代表はほぼ同じ(システム表記上は[2-3-4-1])である。

>

サッカーのビルドアップって何?初心者に優しい基本的な考え方を紹介

11巻武蔵野戦 これは鳥肌ものでした…笑 左SB葦人:ダイアゴナルでCHと左CBを釘付けに FW橘:左に流れて右SBを外に引っ張る この時点でDFラインは左右に引き伸ばされ、分解されています。 図で説明するだけでは分かりにくいと思うので実際に試合を見てもらえると理解できると思う。 両サイドの幅はウイングが担当し、ジンチェンコが「偽SB」となることで「セントラルMF」を前に押し上げる攻撃的な陣形を作り出す。 守備ブロックを下げてからのカウンターアタックにより効力を発揮します。 より中央でプレーができるため、プレスをかけられてもサイドライン側よりも逃げ道がある• こちらのに長所や短所も解説しているので合わせてどうぞ. たださっきよりも悪い状態(相手サイドバックからのマークの距離が近い状況)でボールを受けていることがわかると思います。 低い位置なら偽SBのオーバーラップ、アンダーラップ(インナーラップ)によって逆足ウイングの利点も生かせる。 SBが中央寄りにポジションを取ることで、対面の相手も中央へ移動するのでウイングへのパスコースが空く。

>

サイドバックの役割とは?動き方やポジショニングの6つのコツ【サッカーポジション】

4-3-3の基本フォーメーションから複数のシステムチェンジを行っています。 状況に応じて、左SBのジンチェンコが本来のポジションに戻ることで外のパスコースを確保する方法や、デ・ブルイネがフリーランで相手SBのピン止めを担当し、マレズが連動して下がってくる方法も備えているので、相手の出方に合わせて調整することが可能となっている。 のは若干彼らと比べると守備に重きを置いたプレーヤーだが、同じタイプの選手として捉えるべきだろう。 CLで を破ったが好例で、彼らの場合は左SBのマリオ・ルイが攻撃を主導した。 ポイントは「敵サイドバックへボールが入ったとき誰がプレッシャーにいくか」です。 CBとSBの両方に適応する能力が求められることから、「補助CB」としてプレー可能な選手は多くない。

>

偽サイトバックとは?グアルディオラの戦術を学ぼう【サッカー戦術ガイド】

この瞬間、5バックから4バックへと変化することによって、前線からのプレスが可能です。 私もパッと思いついたのは下のシーンくらいでした。 ピンポイントで味方に合わすことができるクロスの精度は必須です。 インサイドMFがCBとSBの間に下りてきて、同時にSBが高いポジションを取る。 1対1で前を向かせてしまえば圧倒的な強みのあるウイングプレーヤーを生かせるわけだ。

>

中学生向けサッカー練習メニュー【偽サイドバック】

「ピッチを上から見る選手」を育成するためには・・・。 バンジャマン・メンディ まず簡単にバンジャマン・メンディについて触れておく。 偽SBはビルドアップの起点になる以上、MFとしてのテクニックとビジョンを持っていなければならないわけだ。 でも敵のゴールに近づけば近づくほど、自由にプレーを仕掛けていいことにもなっている。 偽サイドバックの生みの親といわれているのは、グアルディオラ監督でバイエルンミュンヘン時代に生まれました。 パスの相手の位置や構成 パスの受け手がサイドに開いているのか、内側なのか?ウイングの役割なのか、センターで受けるタイプなのか?など、位置、役割によって偽という戦術を採用するかどうかというところが変わります。

>

サッカーのビルドアップって何?初心者に優しい基本的な考え方を紹介

最後のピースである彼らを加えたことで戦術のパズルは完成し、シティの攻撃ポテンシャルは存分に解き放たれた。 もし、該当選手の試合を観戦する場合は参考にしてください。 それは勝利を呼び寄せる上で重要なキーファクターとなっています。 グアルディオラの実験 マンチェスター・シティでは、グアルディオラが壮大な実験に挑んでいる。 つまり、偽SBはウイングプレーヤーがいる場合に使う手法であって、ウイングプレーヤーがいない、あるいはブラジルにおけるネイマールのようにインサイドMFとして活用させたい場合には、SBをウイング化させるので偽SBにはならない。 バイエルンミュンヘン、マンチェスターシティと違って基本フォーメーションが4-2-3-1から偽サイドバック戦術を行っていましたね。 サイドバックに強いプレッシャーがかかる 下図を見ればわかりますが相手のウィングに近づくことになります。

>

「偽SB」の先駆者。現代最高のマルチロール、ダビド・アラバの傑出した才能【西部の目】

チームのプレーモデルをどう設定するかの違いだ。 下図を見てください。 例えばグアルディオラでいうと、• 自分のサイドを崩されると、基本的にサイドバックの責任となってしまいます。 この動きは重要なので少し頭の片隅においておきましょう。 しかし、当然のことながら現象の方が先にある。

>