賭け マージャン。 賭け麻雀は違法?日本国内で処罰を受けずにやることができるのか調べてみた

黒川氏の賭け麻雀辞任「訓告」処分だけの大疑問

本来であれば文春のようなスクープを報道しなければならない記者らが、疑惑の人物と一網打尽にゴシップを書かれるという大失態に、新聞関係者は頭を抱えているようだ。 ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。 それに麻雀は自分で動作をして、頭の中で考えて、常に何かをし続けないといけないゲームじゃから、体力的な負担も大きいんじゃよ。 テンゴの麻雀で破産したとか聞いたことがねえし。 以上から、理論上は、接待側が勝たせようとしている場合には、接待される側の認識はともかく、客観的には賭博罪が成立しないということになると思われます。 ただ、忘れてならないのは、現在の法律・判例では、テンゴ雀荘も違法だということです。 愛知県警は2013年、勤務中に賭けマージャンをしたとして県警の警察官6人を書類送検し、うち2人が罰金10万円の略式命令を受けた。

>

黒川検事長が今月、産経記者や朝日社員と「賭けマージャン」か…週刊文春報道 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

その2:ゲーム代を賭けて勝負する 食事代と並んでおすすめのやり方は、その場のゲーム代の奢りをかけて勝負を行うというやり方です。 このことからも分かるようにのではなどでよくあるような高いレートはほぼあり得ないため、高レートの賭け麻雀は人に付かないようなマンションの一室などで行われることが多く、こちらについては数十万や数万等のが動くようなレートになることもある。 野党などは、黒川氏の勤務延長と絡め、検事総長や検事長らの「定年延長」を政治判断で可能にする検察庁法改正案を批判し、改正案は今月18日、今国会での成立見送りが決まった。 3、4時間打って負けまくっても3000G負けるかどうかだろ。 また、の和了やを採用していれば、それらによる祝儀も踏まえた銭の支払いが行われる。

>

産経新聞社、賭けマージャン参加の記者を懲戒処分:朝日新聞デジタル

だからレートをのせる。 賭博罪の「賭博」とは?-偶然性がポイント 賭博罪の「賭博」とは、偶然によって生じる事象について、お金など財産的に価値があるものをかけて勝敗を争うことです。 まあ、普通のサラリーマンが同僚と週末に打つってレベルなら、せいぜいテンピンぐらいじゃろう。 お客さんが起訴された場合は、「賭博罪」で処罰されて、「罰金刑」になります。 法務省の官房長や次官を歴任し、昨年1月、東京高検検事長に就いた。 黒川検事長とマージャンに興じていたのは 朝日新聞社員1人と産経新聞2人という。 マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。

>

“賭けマージャン”なぜ大甘処分になったのか 黒川弘務氏と検察が恐れる審査会

痴漢の冤罪とかのほうがよっぽどやばそうっすね。 懲戒処分には、〈免職〉〈停職〉〈減給〉〈戒告〉があり、 監督上の措置には、〈訓告〉〈厳重注意〉〈注意〉があります。 もし、レートが不明である場合はしっかりと確認をした方があとあとに巻き込まれずに済む。 大人同士が互いに合意してやる以上、賭け麻雀しても何も悪くないと個人的には思います。 こうした対応は、森友問題で佐川宣寿・元国税庁長官らを不起訴にした時以来で、後ろめたさがあったのでしょう」 不起訴が報じられると、「検察幹部の犯罪なのに、悪質性が低いわけがない」「テンピンを不起訴にするなら、違法な賭けマージャンを堂々とできてしまう」などの非難の声が上がった。 黒川検事長の場合も、現在まで〈東京高検検事長〉としての職務を事実上行っていたわけですから、将来訴訟が起こされ定年延長が無効とされるかどうかにかかわらず、収賄罪における「公務員」と考えるべきであり、もしも賄賂を受け取っていたならば収賄罪が成立すると思います。

>

賭け麻雀や賭けゴルフ、「賭博罪」で逮捕される境界線はどこにある?

ゴルフ料金だとちょっと負担は大きいかもしれませんが、麻雀などであれば数千円で一晩遊べますし、ゲームをする上でかかる費用に過ぎないので、あまりお財布への罪悪感もないでしょう。 報道によれば、賭けのレートはテンピン(1000点で100円)とのことですので、高額とまでは言えないでしょう。 黒川検事長についても、普通に賭け麻雀をしたならば、偶然によって財物の得喪を争ったといえ、賭博罪(刑法185条、最高で50万円の罰金)が成立します。 賭博罪-お金を賭けたら即アウト? 偶然に支配されるものについて、お金を賭ければ金額や状況にかかわらず賭博罪になるわけではありません。 」と規定する。 一方、ある捜査幹部は「仲間内での遊びの範囲内だったら、事件にするのは難しい」と指摘する。

>

フリー雀荘と法律

賭けマージャンをしても常に処罰されるわけではない 賭けマージャンで賭博罪が成立する場合でも、実際に処罰されることはほとんどありません。 そのため、今後の世論の動向などによっては、刑事事件として立件され、処罰される可能性もあります。 告発内容は、黒川氏ら4人は常習として5月1日と13日、産経記者の自宅で、マージャンをして金銭を賭けていたというもの。 全国紙の20代男性記者は今回の件を受けて、次のように話す。 渦中の人、黒川弘務東京高検検事長の賭け麻雀疑惑という衝撃ニュースが報じられました。 このへんは、麻雀やったことある人とない人では、すごく感じ方にギャップがあるように思う。

>

世間を騒がせた「賭け麻雀」事件簿 有名プロ野球選手から警察幹部、人気漫画家まで...: J

朝日新聞社によると、黒川氏は同社社員や産経新聞記者、次長らと今月、記者の自宅で現金を賭けてマージャンをした。 正直、若手の女性はみんな嫌がっていますよ」 朝日新聞関係者「役員ら頭を抱えている」 今回、賭けマージャンに参加した社員がいたことが発覚した朝日新聞関係者は次のように頭を抱える。 1回で現金のやりとりは数千円から2万円程度だったと指摘。 司会の宮崎謙介(39)から意見を求められた水道橋は「本当に文春をなめるなよと宮崎さんに言いたいですね」と、かつて文春砲を食らった宮崎にジャブを放つ。 賭けマージャンは、金銭をマージャンの勝敗結果という偶然の結果に賭けるものであり、言うまでもなく賭博である。 しかし、「肉薄」は社会的、法的に許容されない方法では認められず、その行動自体が情報の収集、取材、報道の正当性、信頼性を大きく損なうことになります。 次長は司法担当だった2008年ごろ、法務省幹部職だった黒川氏と知り合い、マージャンに誘われるようになったという。

>

黒川検事長、賭け麻雀仲間は朝日新聞“経営部門の要職社員”か…コンプラ推進すべき立場

有名な賭け麻雀での逮捕の事例をご紹介ですと、やはり漫画家の蛭子能収氏の事例でしょう。 具体的には、収賄などの汚職、麻雀等の常習賭博が、国家公務員の信用失墜行為(国公法99条)の典型例として説明されています。 大手紙デスク「昔は一晩で10万円くらい巻き上げた」 複数の全国紙記者や地方紙東京勤務記者らの話によると、今回、黒川検事長と賭け麻雀に興じていたのは産経新聞社会部の司法担当記者と元司法キャップ記者、元検察担当記者で朝日新聞社経営企画室勤務の社員の3人だという。 そして、賭博罪も変えないと。 」と定めています。

>