ホテルリソル トリニティ 京都。 ホテルリソルトリニティ京都の口コミ・評判

ホテルリソルトリニティ京都. 京都市, 日本

今後、何度ご利用頂いても「また利用したい」と思っていただけるホテル造りを目指してスタッフ一同精進して参ります。 また大浴場はHPを見ていたのですが、想像以上に大きく、びっくり。 この度はホテルリソルトリニティ京都にご宿泊いただきまして、誠にありがとうございます。 飛沫防止バーテーションの設置 ・フロントカウンターに飛沫防止パーテーションを設置いたしております。 ホテル・ブランド• また、オンラインでの申請も可能です。 朝食もサラダバーから、和食、洋食など豊富で楽しめました。

>

ホテルリソルトリニティ京都の口コミ・評判

お風呂のアメニティの良さ、ベッドの寝心地のよさ、お抹茶が置いてあったり、朝食のコーヒーが美味しかったり、水圧の良さ、パワフルなドライヤーがあったり、いい香りのファブリックミストや嬉しい事がいっぱいで大満足のステイでした!ただコロナ下で大浴場のロッカーが間引いてありロッカー待ちの人で脱衣室が三密になりお風呂に入るまでに待ちました。 フロント 下川 この度はホテルリソルトリニティ京都にご宿泊いただきまして、誠にありがとうございます。 ホテルリソルトリニティ京都から京都御所まで3. だったら施設を閉めればいいのにと思いました。 写真は奥行きがある写真が多く、大浴場は実物より小さいことが多いかなと思っていたのですが、写真で想像したより、大きく、京都観光の疲れもとれて、ゆったりできました。 お部屋に関しまして、ご期待に添えず申し訳ございません。 『早く変わって欲しい』 『みんな風呂長い』 などドライヤーの椅子に座ってロッカー待ちの人が。 日本的な感じを意識しているようでした。

>

ホテルリソルトリニティ京都

】との通達がございました。 ご利用ください。 「ホテルリソルトリニティ京都 御池麩屋町」は、2018年10月に運営を開始し、京都エリアのビジネス・観光拠点として、また、地域にお住まいの方々のお食事の場所として等、多くのお客様にご利用いただき、開業1周年を無事迎えることができました。 それを除けば大満足。 また観光地へのアクセスも、近くの京都市役所よりバスをご利用いただけますので ビジネス、観光問わずご利用いただいております。 今後もお客様にとってよりよいホテルになっていきますよう、日々努力して参りますので また京都にお越しの機会がございましたら、ぜひホテルリソルトリニティ京都を どうぞよろしくお願いしたします。

>

「ホテルリソルトリニティ京都 御池麩屋町」 名称変更のお知らせ 2020年4月1日より 「ホテルリソルトリニティ京都」へ|リソルホールディングス株式会社のプレスリリース

またのご来館を従業員一同心よりお待ち申し上げております。 USBのコンセントもあるのがうれしい。 外観の写真と大浴場、立地で選びました。 道を渡ればすぐに新京極に繋がるアーケードに入れるし立地もいいです。 2kmです。

>

ホテルリソルトリニティ京都

すべてのお部屋にはエアコン、衛星チャンネル付き薄型テレビ、冷蔵庫、ポット、ビデ、ヘアドライヤー、デスクが備わります。 ご投稿にございますのように、当館は京都の中心地河原通りへは徒歩10分ほどの距離にありながら、 閑静な雰囲気漂う麩屋町通りに面した立地にありますので、 夜はゆっくりお過ごしいただけると大変好評いただいております。 観光スポット周辺• 洗い場も多く、密を避けて、入浴を楽しむことができました。 お待ちしております。 このような状況でお気遣いいただき、折角お選び頂いたにも関わらず、大浴場のご利用の際にご不便をお掛けし、残念な思いをさせてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

>

ホテルリソルトリニティ京都の口コミ・評判

20 GoToトラベルキャンペーン利用での領収証の発行について 10月29日にGo To トラベル事務局より、「旅行商品の基準・考え方」(略)が発表されました。 共用バスルームにはシャワーと無料バスアメニティが備わります。 客室数: 10. ホテルリソルグループといたしましては上記を踏まえまして、企業においての 領収証等の発行はビジネス利用とみなされることから会社名を記載することは 控えさせていただく事といたします。 新しく快適なホテルとのお言葉をいただき、大変嬉しく存じます。 設備自体に問題があったのか人手が足りず準備ができてなかったのか分かりませんがちょっとひどいのではないかと思いました。 当館は「伝統、文化と和モダンの融合」をコンセプトに日本文化である畳を使用し、アメニティ備品の中には抹茶セットなどもご準備しております。 16 GoToトラベルキャンペーン利用での領収証の発行について 10月29日にGo To トラベル事務局より、「旅行商品の基準・考え方」(略) が発表されました。

>