ナルト ハヤテ。 月光ハヤテ (げっこうはやて)とは【ピクシブ百科事典】

ドリームハヤテ

忍術では全て属性を扱える他、口寄せ契約を結ぶ猿猴王・猿魔が変化した棒「金剛如意」による体術を使う。 かつては火影になることを夢見ていた。 うずまき一族の特殊なチャクラを知っていた雲隠れの忍に誘拐されかけるも、間一髪のところで一人駆けつけたミナトに助けられた。 日向ヒザシ(ひゅうが ヒザシ) 声 - ヒアシの双子の弟でネジの父。 医療忍術を使うことができ、昔は「歩きの巫女」とも呼ばれた根の諜報部一のエリートだった。

>

『NARUTO

それでも、最期に「心のなかで」呟いた言葉は(トビ、わりーな)と仲間を想う優しい言葉でした。 『疾風伝』の「カカシ暗部篇」ではその過去が描かれており、第三次忍界大戦の終結後には岩隠れの里との平和条約締結に関する責任をダンゾウから追及されて火影を引退したが、九尾の事件でミナトが死亡したことにより緊急的に自ら火影に復帰した。 鋭い嗅覚と野生の勘の持ち主で里の地理にも詳しい。 綱手とはかつて交戦した際に、自分が作り出した毒物を瞬時に解析されて対抗策を編み出されたりと、ある種因縁の仲だとサクラに語っている。 木ノ葉では珍しいとされる風のチャクラ性質を持ち、とナイフが一体化したチャクラ刀「アイアンナックル」を武器としている。

>

ドリームハヤテ

例えるなら灰色風味。 礼儀正しく勤勉な性格だが、あまりの熱血ぶりに周囲から呆れられることもある。 疾風伝では、四代目水影のやぐらが人柱力であることを知っていたことも明かされた。 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• サスケの奪還任務では中忍試験で戦ったシカマルの援護に駆けつけ、音の四人衆の多由也をあっさり倒した。 主に背中の風魔手裏剣を使用して戦う。

>

NARUTO

ロック・リーの修行! 葉っぱ一枚でも取れなかったら…? ロック・リーはこんな修業をしたことがあります。 ダルイ 声 - 上忍。 第二部の暁の飛段・角都との戦いでは、飛段の能力を見破りアスマを助けるものの、力及ばず最後は第十班のメンバーたちと共に彼の死を看取った。 「すまない。 黒ツチの祖父で、黄ツチの父。

>

鬱展開!作中で死んだアニメ・ゲームのイケメンキャラクターの死亡シーンランキング

アスマの不幸話。 オフィスが実在するか?• 生前は愛情に溢れ、何よりも里の者達のことを第一に考えた人格者だった。 そして追ってきたオビトとサスケの襲撃を受けてサスケと交戦、右腕の写輪眼を用いた禁術「イザナギ」を使用して徐々にサスケを追い詰めるが、油断してイザナギの持続時間を計り違えたことで攻撃を食らい、さらに身体に取り込んでいた柱間細胞も暴走、追い詰められて香燐を人質に取り逃亡を図るが逆に香燐ごと急所に攻撃を受け致命傷を負う。 教え子たちの事を的確に見抜いていたのです。 クールな姉とは対照的にその名の通り熱い性格をしており、どんな強者相手にも果敢に立ち向かう勇気を持つ。 綱手の復帰後は第四次忍界大戦の作戦会議に出席したり、忍連合軍の連合会議に綱手の付き人として同伴したりと重要な役割を任されている。

>

鬱展開!作中で死んだアニメ・ゲームのイケメンキャラクターの死亡シーンランキング

忍としての才も抜きん出ており、本来なら宗家にのみ伝わる「八卦掌回天」「柔拳法・八卦六十四掌」を、その才能によって独学で会得した。 太い眉毛に黒髪のおかっぱ頭で、自家製の緑色のボディスーツに脚絆を装着している。 3kg 血液型:A型 誕生日:11月25日(いて座) 得意技:超獣戯画・超神戯画 木ノ葉の暗部組織「根」に所属して「感情を無くす訓練」をされてきましたが、 第七班に入ってからは少しずつ感情やつながりを取り戻していきます。 ミナトに好意を抱いてからはとがった面がなくなり痩せて美人になったが、夫婦喧嘩ではナルトに九尾を封印する件以外では負けたことがない。 第一部の中忍試験では第三試験の予選ではヒナタと対戦し、ナルトへの憧れから決して諦めようとしないヒナタの意思の強さに驚愕するが、彼女からネジ自身が運命に苦しんでいることを告げられると激昂してヒナタを殺害しようとするも、試験官や他の上忍達に制止され勝利が決まった。

>

ドリームハヤテ

迷言も多いけど、名言も多い! ガイは迷言も多いが名言も多いです。 綱手(つなで) 声 - 、七緒はるひ(幼少)、(少女変装時 ) 伝説の三忍の一人であり初代火影・千手柱間の初孫。 しかし、時折寂しそうな顔を見せるのは何故なのでしょうか。 しかし、里の方針を巡りマダラと対立し、「終末の谷」で彼を殺して決着をつけたことで、柱間は忍とは「目標のために耐え忍ぶ者」であることを悟った。 しかし、ヒナタがナルトの影響を受け落ちこぼれから脱却していく様子を見て次第に疑問を持つようになり、最終的にペイン襲撃時における彼女の活躍を知って自らの考えが間違っていたことに気づき、運命ではなく自分自身の意思で宗家を継ぐ事を決意した。 あまりにハヤテの死がショックだった夕顔は、最初は刀を抜くことすらできずにいました。 ただし彼の体術は自身の肉体を酷使するため、それにより重傷を負うことも多い。

>

NARUTO

ナルト男性人気キャラ第28位 桃地再不斬 (元霧隠れの忍。 また、常に隠している右腕には枷のようなものがあり、その中は数々の写輪眼と初代火影・柱間の細胞が移植されたおぞましい物となっていた。 ドアから出入りすることはほぼなく、怪力に任せて近くの壁や床を突き破って移動する。 その他の忍 [ ] 自来也(じらいや) 声 - 、(幼少) 伝説の三忍の一人。 アカデミー時代は太っておりポッチャリ体型だったことから同級生に「トマト」とからかわれていたが、持ち前の激しい気性でいじめっ子を次々と返り討ちにしたため「赤い血潮の」とも恐れられた。

>