ままごと ママ と ないしょ の エッチ し ましょ。 ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜

【体験版】ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 : エロゲる!

例えば人妻コスプレ喫茶2を好きなプレイヤーには不向きだが、(実母ではないが)母爛漫のエンディングが好きな人間には刺さると思われる。 小悪魔響子さんの企みの勝ち。 それぞれ、• 息子への想いが重すぎる実母が素晴らしく、また頭の中では実母と生えっちだけはダメとわかっているのに、実母の身体をずるずるとのめり込んでいってしまう息子主人公の描写が良い。 しっかり者のヒロインが次第に主人公を頼るようになる様は当方の性癖にはずしりと響いた。 そこまでして主人公を手に入れたいのかと、 響子さんの愛の重さが最高でした。

>

Mamagoto ~Mama to Naisho no Ecchi Shimasho~

具体的には 元父親のところにいかないように実母に心も身体も夢中にさせよう(息子主人公を実母の身体で堕とそう)と、夕飯の中にを仕込んで眠らせて身体を拘束し、 無理やり息子主人公と生えっちをする。 母親ヒロインとの、母性たっぷりな恋人生活が楽しみで仕方がありません! 『ままごと』は、 2019年11月29日に発売です! 気になる方は、まずはをプレイしてみてはいかがでしょうか!. 『 恋愛P』と『 母性愛P』という項目があります。 全国大会の決前にえっちし、中出しされた精液を入れたまま試合する(ばくあね2あたりで見たことある展開)。 それを主人公と同い年くらいの女性がやっているならまだしも実母とお隣のママさんがやっているから良い。 エンディングは実母ルートと同様、孕んだか孕んでいないかの2つある。

>

Mamagoto ~Mama to Naisho no Ecchi Shimasho~

むっちりお尻なのでパンストが映えている。 総合評価は星一つ減点の星4で。 は堕ちてからのギャップがやっぱり良き。 スカートの下に ローター装着+布面積の少ない黒のエロ下着のコンボによるアンバランスさ、そして 近くに夫がいる背徳感、これがエロくないわけがない。 最近のはエロCG以外にも気合が入っている 体裁はハーレムエンドになっているものの、実母と響子さんの間には明らかに格差があり、やっぱり響子さんが優遇されているなと感じる。 お尻がえっち。

>

【体験版】ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 : エロゲる!

しかし大きくなっていくにつれて、妹では主人公のすべてを独占できないことを悟る。 しっかり者の母親ですが、少し不器用なところもある女性です。 もちろん甘える要素もあるにはあるが、エンディングに近づくにつれ甘えられるシーンが多くなってくる。 あと全員ハーレム無いのは落ち度ですね、減点です。 主人公(息子)への 執着心と 独占欲が半端じゃなく重い• 夫婦になってから二人で旅行に行き、実母は露骨に息子主人公に甘えたり、駄々をこねたり、えっちに誘惑したりと、もはや母親のオゲはなくなり、 大人女性の熟したボディーと少女のような可愛さを兼ね備えた妻に。 そんな環境下の中でニッチ分野のさらに特定の層を狙い撃ちにしたのはには感嘆した。

>

【体験版】ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 : エロゲる!

〇よかったところ 千景(実母)のキャラギャップ 普段はクールでデキル女オーラ全開の実母だが、このルートでは普段の姿とは異なった実母の本当の姿を見ることができる。 主人公が「やめて」と抵抗するも 響子さんに筆おろしで搾り取られる、響子さん責め主人公受けの構図は恋愛ルートと異なる良さがある。 選択肢のあとに、各ヒロイン1シーンずつ というような構成で、体験版では合計 8つのHシーンを見ることができます。 実母の本当の姿、もとい女の姿は以下である。 ただ、それゆえ合わない人にはとことん合わない作品だと思う。 先ほども少し書きましたが、僕は千景さんが大好きです! 不器用ながらも愛情を注いでくれる、素敵な母親です。 すると本作では、• (自分の話を聞いてくれたり、夕食に誘われて一緒に食べてくれたりなど) 主人公の母親である千景さんも、「息子に愛情をあげられていなかった」ということを思い知らされ、主人公に少しずつ愛情を注いでいくようになります。

>

【体験版】ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 : エロゲる!

人妻の「堕ちちゃう」発言はなぜこんなにエロいのか。 いろいろ複雑だけどエロくないわけがない。 このことを、隣に住む人妻・ 川島 響子に相談します。 それが当然、期待するだけ無駄と割り切ってます。 主人公が我慢できなくなりえっちをしようとするときに、 実母の部屋で、さらに実母のエロ下着を身に着けて響子さんは主人公とえっちするのだ。 普段は主人公のことを「兄貴」と呼び、「キモイ」「近寄んないで」と拒絶。

>

discover.onbeing.org:カスタマーレビュー: ままごと~ママとないしょのエッチしましょ~

ばぶみ 三つ目、水着えっち。 血が繋がっている親子設定だからこその禁忌感が出ている。 ただ、ヒロインにバブみを感じたい諸兄には不向きな作品かもしれない。 それに負けずとも劣らない、娘たちの発育中の身体。 浴衣で主人公と種付けえっちしているときに、主人公が「夫と自分、どっちのえっちが気持ち良いか」ときたら 響子さんは「主人公のほうが良い」とまさかの裏切り発言を。 その後も実母のメンヘラアタックは息子主人公がやめてくれと抵抗するも続く。 普段からパンスト穿いているキャラだったらよかったなぁと。

>

【体験版】ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 : エロゲる!

親子の愛情、というテーマ性がありヒロインも母性属性満載。 アクセス多いから完全停止って・・・。 抵抗するかと思った響子さんもあっけなくえっちなしを了承し、めでたしめでたしかと思いきや… 主人公はすでに逃げられないところまで行っていた・・・ 響子さんは残りの疑似夫婦生活期間の間えっちはしないと約束したものの、 主人公に提供する料理の中に媚薬を仕込み、主人公を欲求不満にさせる。 〇パンスト 実母の1キャラ、 パンスト破き寝バックの1シーンのみ。 お兄ちゃんのことが好きすぎるは お兄ちゃんの臭いを嗅ぐだけでおま〇こが濡れるほど。

>