吉見 佑子。 新生RCサクセションを率いる忌野清志郎27歳、 「よォーこそ!」で幕を開けた新時代 |TAP the STORY|TAP the POP

吉見 佑子

しかし、このアルバムを今一度世に出したいと、吉見佑子さん、パイドパイパー・ハウス岩永正敏さん、ART VIVANT芦野公昭さん、堀内丸恵さんその他数多くの方々のご協力により「再発実行委員会」がつくられ、昨年末より自主限定発売がされていました。 フードエッセイストの平野紗季子さんのInstagram インスタグラム アカウントです。 ふたしかな空 作詞:吉見佑子 / 作曲:麻田浩 (B面)まわり道 作詞:吉見佑子• 自身初の開始。 若いこだま(NHK-AM)• でもその内側に繊細な神経と優れた観察眼をもち、心の中は猛スピードで回転しています。 鹿野淳(しかのあつし):1964年8月5日生まれ 出身地:東京都 ジャーナリストの津田大介さんのInstagram インスタグラム アカウントです。

>

吉見佑子|動きまわる虎

(NET)• 若いこだま(NHK-AM)• 後付けで言えば、統一感にかける印象もあるが過渡期的な面白さと可能性を感じさせる作品でもある。 「A面にしたかったんですけどね。 (TBS) 映画・ドラマ• 最終オーディションで落ちるが、審査員のの紹介で・のレッスンに半年間まで通い、・ソングの仕事に関わる。 失恋のしかた (1月/)• 忌野清志郎、破廉ケンチ、リンコ・ワッショの3人による初期のアコースティック・トリオから5人編成のロック・バンドになり、パワフルなライヴで右肩上がりに人気を集めていた時期だ。 (B面)「メロドラマは純愛で」作詞:吉見佑子、作曲・編曲:後藤次利 作詞 [ ]• Give contextual explanation and translation from your sites! そして宗像の交渉によって発売元のポリドールがようやく重い腰を上げ、300枚とわずかな数ながらも限定発売が決まる。 今では伝説になっている青山の輸入盤店「パイド・パイパー・ハウス」に200枚、池袋西武「アール・ビ・バン」と国立の「レコード・プラント」に各50枚が納品されたが、どちらもわずか10日間で売り切れてしまったのだ。

>

吉見佑子

後に暗黒期と呼ばれる時期にあたるが、もともとアコースティック・トリオだったバンドは、その頃からエレクトリック志向を打ち出し始めていく。 の3rdアルバム「」の再発売を懇願するため、との折衝が繰り返された。 NHK-AM 『』 ののを受け合格。 この時期からRCサクセションに参加して清志郎にとって生涯の朋友となる仲井戸麗市は、当時の気持ちをこのように語っている。 「有志で再発売実行委員会を設立してレコード会社に働きかけたらどう?」という、効果的なアイデアをもらったのは週刊少年ジャンプの編集者だった集英社の堀内丸恵からだった。

>

吉見佑子|動きまわる虎

、自らが代表となって「」を発足させる。 マネジメントのゴタゴタに翻弄され事務所に内緒でディレクターがレコーディングを敢行、そのため完成しても発売許可が下りずにお蔵入りさせられた。 (B面)「メロドラマは純愛で」作詞:吉見佑子、作曲・編曲:後藤次利 作詞 [ ]• 付属演劇研究所に入所。 親も親戚も [ 要曖昧さ回避]だらけの、いわゆる一家の一人っ子として育ったが、周囲の期待に反してやに興味を持たない青春時代を送る。 ガムを噛んで』等を発売小泉今 日子、徳永英明、アルフィー、井上陽水、舘ひろし、吉川晃司、銀色生、安全地 帯、宇崎竜童、阿木耀子等の歌手を手がける。

>

吉見 佑子

そんな気持ちの表れだろうか。 ガムを噛んで。 第15話(YTV)• 吉見佑子さんの性格は・・・ デリケートで頭脳明蜥な知性派。 「どうして『シングル・マン』のレコードが手に入らないの?!」 今でこそ名作の誉高い『シングル・マン』だが、不遇の時代だった1976年に発表された時は、メディアからも音楽ファンからも無視された作品だ。 人物 [ ] 、に生まれる。 「その日暮し」歌:上田正樹、作詞:吉見佑子、補作詞:上田正樹、作曲:上田正樹、編曲:• 『ペパーミントは涙の味がする』、9月• (NHK-AM)• さらに再追加の700枚が作られたが、それもまた売り切ってしまったので、幻のアルバムは1980年の夏にポリドールから正式に再発売になった。 (ABC)• 『耳をかんで。

>

生まれながらの“埋もれた名作”であったRCサクセション『シングル・マン』

吉見 佑子(よしみ ゆうこ、本名:吉見裕子、 - )は・・・。 が下駄を履いてNHKに来て怒られているのを見たり、フォークシンガーたちのルックスの悪さと裏腹な音楽性のピュアさに心を打たれ、『若いこだま』ではフォークの日を担当し、以降フォークやロック、系のアーティストを支援。 『ペパーミントは涙の味がする』、9月• それから重要なレパートリーとなった「上を向いて歩こう」は、ライブの後半にさしかかって「雨あがりの夜空に続く流れのなかで、必ず大きな盛り上がりをもたらす楽曲として定着する。 その後、レコーディングから実に6年の時を経てより正式に再発売された。 [人物] 1948年3月22日、大阪府豊中市に生まれる。 ペパーミントは涙の味がする (9月/)• 「ラブソング」歌:、作詞:吉見佑子、補作詞:上田正樹、作曲:上田正樹• 著書 [ ]• その中にはマスコミで働く人間もいて、何かと応援してくれた。

>

吉見 佑子

このアルバム『シングル・マン』は、4年前に発売されあえなく廃盤になっていたものです。 (NHK-AM)• それでも、ピアノでしっとり歌う「夜の散歩をしないかね」や、情感のこもった歌が圧巻の「ヒッピーに捧ぐ」、ソウルフルな「冷たくした訳は」に寂しげな歌に引き込まれる「スローバラード」と、バラエティに富んだ曲で清志郎のヴォーカリストとしてのポテンシャルを感じさせる。 大阪府出身。 修了後は、やのの司会や番組のアシスタントDJの仕事を始め、関西圏限定でDJの仕事を増やしていく。 後半リズムが変わる「やさしさ」や叫び声が入る「ぼくはぼくの為に」、まるでフリー・ジャズのセッションめいた「レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり)」と、やりたい放題の曲もある。 若いこだま(NHK-AM)• 「ラブソング」歌:、作詞:吉見佑子、補作詞:上田正樹、作曲:上田正樹• :1991年生まれ 出身地:福岡県 音楽評論家の鹿野淳さんのInstagram インスタグラム アカウントです。

>