年金 機構 特例 改定。 新型コロナウイルスの特例改定について整理してみた※7/15更新

標準報酬月額の特例改定に注意!!

has-vivid-cyan-blue-color,:root. 昨日、所属している社労士会の支部長から耳寄りな情報が回ってきましたので情報共有致します。 例えば、会社都合で休業を命じられた従業員が、4月から通常の給料よりも少ない休業手当の支払いを受け始めたとします。 Q4 「休業が回復した月」の考え方について変更はありますか。 新型コロナウイルス感染症の影響により休業した社員で、 休業により報酬が著しく下がった方については、 事業主からの届出により、健康保険・ 厚生年金保険の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定 )によらず、 特例により翌月から改定することが可能となっています。 ただし申請した後に、急減月を変更することはできませんのでご注意ください。

>

『社会保険料の特例改定』休業手当で給与減額になったときは要チェック

【制度等について】 Q1 8月から12月までを急減月とした特例改定は、どのような要件に該当した方が対象になりますか。 休業手当は平均賃金の60%以上を支給しなければいけないのですが、休業手当が100%支給された場合は、残業代が減って2等級以上下がったとしても今回の特例改定の対象ではありませんよ。 当法人では、社労士業界ではめずらしいウェブセクションを法人内に独自に設置し、人事・労務管理に関するさまざまな最新情報を、日々発信(Information dispatch)しております。 対象となる場合、当該休業支援金はどのような取扱いとなりますか。 今回、この特例改定が延長され、さらに2種類の特例措置が講じられました。 ただし本人に、傷病手当金や出産手当金、将来の年金額などの計算に、今回のコロナ特例で下がった標準報酬月額を使うこと、休業が撤回されたときは随時改定になることなど、十分な説明が必要です。 has-cyan-bluish-gray-background-color,:root. 《事例3》給料が下がるまでの被保険者期間が3カ月未満の場合 特例改定の対象になるためには、「給料が著しく低下した月」までに、低下した月を含めて 3カ月の被保険者期間があることが必要です。

>

健康保険・厚生年金の標準報酬月額の特例改定

(3) 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日) 以上である。 このような場合には、4・5・6月の3カ月間の給料の平均額から求めた標準報酬月額が今までの標準報酬月額と2等級以上の差があり、支払基礎日数の条件も満たすのであれば、随時改定の対象となります。 」 守田「そういうことになります。 さいごに 休業手当が支払われている場合の定時決定も視野に入れる必要があり、現場は本当にてんやわんやですね。 保険料は後日精算でいいので、あわてず対応しよう• A45 本特例改定の対象としている休業とは、労働者が事業所において、労働契約、就業規則、労働協約等で定められた所定労働日に労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、当該所定労働日の全1日にわたり労働することができない状態又は当該所定労働日の労働時間内において1時間以上労働することができない状態をいいます。 important;background-repeat:no-repeat;background-size:142px 16px! has-atomic-cream-gradient-background,:root. つまり、特例改定で標準報酬月額を下げたままではいけません、ということのようです。

>

健康保険・厚生年金の標準報酬月額の特例改定

<特例改定後の休業回復による月額変更届の提出について> Q58 特例改定後、休業回復により、固定的賃金(日給等の単価)の変動によらず標準報酬月額2等級以上上がることとなりました。 日本年金機構ホームページに参考様式を掲載していますので、ご活用ください。 <翌月給与支払の場合の改定月について> Q18 給与の支払が翌月の事業所の場合は、支払日の属する月が改定月となりますか。 important;background-color:rgba 0,0,0,. )いただく必要があります。 この3ヶ月間については、「 報酬支払の有無にかかわらず、休業命令や自宅待機指示などにより使用関係が継続している日」も、報酬支払基礎日数に含みます。 」守田「そうではなくてですね、特例改定を届け出た以降の継続する3ヵ月間の報酬の平均額が、特例改定で決定した標準報酬月額に比べて最初に2等級以上上昇した場合、ということになっています。 【特例改定後の対応等】 <特例改定者にかかる定時決定について> Q55 特例改定を受けた場合、定時決定は必要ですか。

>

【コロナ特例随時改定③】1か月でも月額変更可能【Q&A】

代表的なデメリットが、 「特例改定を利用すると、 将来の年金が減額される」という点です。 ただ月給社員以上に注意すべき点があります。 届出できるのは、 1人1回限りです。 そのため給与の支払が翌月払いの事業所の場合であれば、改定月は実際に著しく低下した報酬が支払われる日の属する月の翌月になります。 」 リエ「なるほど、会社が責任を持って確認するということですね。 その場合に、今般の特例改定と同様の取扱いとなるのでしょうか。 前者を 「定時決定」、後者を 「随時改定」といいます。

>

標準報酬月額の特例改定に注意!!

一部の対象者のみ届出することもできますか。 A63 7月分又は8月分保険料から本特例改定による改定が行われた方は 、算定基礎届の提出は不要です。 」 守田「今年は、すべてにおいて新型コロナウイルス感染症の影響が及んでいますね。 なお、届書への添付は要しませんが、届出対象者すべてについて、個々に書面による本人同意が必要となります。 5月、6月の月額変更は算定基礎届による定時決定を届け出ることで、特例改定の効果は終了となりますが、7月、8月の月額変更を提出した場合は、定時決定が行われませんので、特例改定を提出した後、『休業が回復した場合』に月額変更の届け出が必要です。 」 リエ「そういう意味なのですね。 通常、給与額の変更に合わせて社会保険料の改定を行いますが、これまでは給与が変わってから4か月目からでないと社会保険料は改定されませんでした。

>