コロナ 百貨店。 新型コロナでさらに窮地 百貨店アパレル上場12社、半数で赤字 : 東京商工リサーチ

相次ぐ「百貨店」店員の新型コロナ感染 主要店、今月だけで23件報告

3月の途中からは、日本人の客足も鈍り、4月に入ると、緊急事態宣言で事実上の休業を強いられている。 1月の免税手続きはのべ45万4000人に達したが4月はわずか2400人。 苦しい生活の中でも明日の成長を夢見てがむしゃらに働き、ある程度、日々の生活が満たされ余裕が生まれた時、国民はオシャレに向かう。 その百貨店の増加と市場の拡大に合わせ、アパレルメーカーはキャリア、ミス、ミッシー、ミセスの売場(フロア)ごとに合わせたアパレルブランドを多数開発し、全国の百貨店に消化仕入れと言う契約形態で商品を配送し販売する時代を謳歌する。 三越伊勢丹は600億円の赤字、大丸松坂屋は260億円の赤字と、現段階では見込んでいるが、今後の新型コロナの状況がどうなるか、来店客数が戻ってくるのか見通せない段階での数字にすぎない。 百貨店にテナント出店するアパレルブランド(以下、百貨店ブランド)を展開する上場主要12社の本決算が出そろった。 「今一度お客様を見る・知る」マーケティング(MK)の見直し そもそも、百貨店の売上・利益の低迷は、自社・自店のお客様に適したMD=マーチャンダイジング=商品(モノ&コト)を供給できていない事に尽きます。

>

味見の楽しみ どうなる? 物産展試食 割れる対応 コロナ禍で百貨店|県内主要,社会,経済|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

その後、5月15日に発表された売上確報によると、国内百貨店の売上は前年比20. このように、デパート(百貨店)は苦戦、スーパーは堅調という構図がわかったが、スーパーの月次データが「順風満帆」を続けられるかどうかは、まだわからない。 これはピークだった1991年の約6割にとどまっている。 そんな主力店のインバウンド需要がコロナショックを機に消失し、さらには長期休業にまで追い込まれてしまったのは、もはや察するに余りあるほどのダメージである。 スーパーの中でも、ライフやいなげやのように住宅地に近接型の店舗、とりわけ食品売り場をメインとした展開を行う会社が一段と好調であった。 インターパーク店で22日まで開催する「全国フードフェスティバル」。

>

味見の楽しみ どうなる? 物産展試食 割れる対応 コロナ禍で百貨店|県内主要,社会,経済|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

食料品以外のフロアは閉めざるをえない。 それに対して、イトーヨーカ堂(アリオ)やイズミの「ゆめタウン」のように、モール型の店舗を展開するところは、上振れの幅が小さくなった点が特徴的と言える。 政府は重症者が少ないことなどを理由に再度の緊急事態宣言には後ろ向きだが、高齢者を中心に繁華街への外出を自粛する動きが広がっており、百貨店の売り上げには大打撃の状況が続いている。 日本百貨店協会によると、今年2月の全国百貨店売上高概況は前年同月比12%減、免税売上動向に至っては総売上高が同65%減。 消費税率が5%から8%になった14年4月の減少率は12. 不振の理由は、主力商品だった衣料品が売れなくなったことが大きいという。 同店では15日、14日、11日にも感染者の発生が公表されている。 催事場の担当者は試食の再開について「相当悩んだ」と漏らす。

>

百貨店は「新型コロナ」から立ち直ることができるのか 『百貨店・デパート興亡史』

10社で売上が当初予想を下回る 百貨店ブランド各社の最新決算は、売上高が比較可能な10社のうち「23区」や「Jプレス」などを展開する(株)オンワードホールディングス(TSR企業コード:290030471、以下オンワードHD)と、「パーリー・ゲイツ」や「ジル・スチュアート」などの(株)TSIホールディングス(TSR企業コード:298655195)を除く10社が減収となった。 8%減と大幅に減少した(筆者作成) 「消えた」客単価7万円のインバウンド消費 ここへ来て、再び新型コロナ感染者が全国的に増加している。 味見したお客さまのお買い上げ率は高い」。 現場の人間は、そうとう苦労しているようです。 すでにインバウンドに頼りきりだった百貨店業界 前提として、コロナショックが起きる前から百貨店業界は苦境にたたされていました。

>

味見の楽しみ どうなる? 物産展試食 割れる対応 コロナ禍で百貨店|県内主要,社会,経済|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

4%の増収だったが、売上は百貨店の3割程度と発展途上にあるため、百貨店の減少分をカバーするにはまだ難しい状況にある。 コロナで青息吐息の百貨店 資金繰り余裕度を確認しよう 新型コロナウイルスの感染拡大で、百貨店が青息吐息だ。 2%減と散々な状況だ。 今一度、百貨店業界は自社・自店のお客様がどこに居て、どのような生活をしているのか、何を欲して、何が不要なのかを把握する事が必要不可欠。 呉服店から発達した百貨店、私鉄が作ったターミナル型百貨店、地方の有力小売店が大型化した百貨店など、その生い立ちはいろいろあったもののどこも画一化されたフロア構成( 図表 1)の百貨店を全国津々浦々まで作っていく。 落ち込んだ原因はバブル崩壊後の長く続く景気低迷もその一因ですが、百貨店の儲け頭だったアパレルや家具といった商品で、百貨店ブランドにはない、ユニクロやニトリに代表される品質の良い、低価格な商品が台頭したことなどがあります。

>

「コロナに強い」百貨店ランキング【ベスト3】2位高島屋、1位は?

今まではどちらかというとお客様がネットで情報を見て、店舗で買い物をするという部分に力点を置いてきましたが、単純に商品をネットに載せて売るということでわれわれは遅れているし(ネット通販の)専業のところには勝てない。 スーパー各社の2月月次データは前年を上回る実績に デパート(百貨店)の厳しい状況とは反対に、スーパーマーケットを運営する各社は、各社ともに前年の2月を上回る実績を残している。 2月は中国、韓国といったアジア系の減少が響いているが、足もとの3月になって欧米系の訪日客も激減していることから、さらなる下振れが懸念される。 家族やカップル、奥様方は井戸端会議のメンバーでの買い物を楽しみたくてやってきます。 三越伊勢丹ホールディングスでは、伊勢丹新宿店を約40年ぶりの大改装として力を入れているタイミングだ。 出店者の試食提供を許可制として、客が求める場合に限って認めた。

>