フロント ローディング と は。 「フロントローディング」は、製品開発をどう変えるか|開発ソフトウェア|IT製品の事例・解説記事

設計者がフロントローディングという怪物に立ち向かうための“3つの武器” (1/3)

そして 最も重要なことは実際に試すということです。 2.CAEは性能の仮想評価 3Dモデルをベースに解析を行うことができます。 2つ目は「設計変更に要するコスト」を概念的に表したものです。 また、後工程が動き出した後に不具合が発生した場合などは、商品の市場投入の大日程にまで影響を及ぼしてしまいます。 フロントローディングを成功させるには、あらかじめ必要な情報を部門間で円滑に共有しておくことが重要である。 「性能の仮想評価」です。

>

「フロントローディング」によるユースケース(1)

どうやって共創を目指すか? ではどうすれば共創領域での対立解決を実践することができるでしょうか?ここでもフロントローディング化手法の一つであるサイマルテニアスエンジニアリングの打合せシーンを例に挙げ、基本的なステップを示します。 また,大規模システムにおいては,複数のサブシステムにおける共通アーキテクチャを検討する必要があります。 社外に依頼するなど従来の試作・検証では少なくとも1週間以上の納期が必要な場合が多く、費用もかかり、繰り返し検証を実施することは困難でした。 各部門が設計初期段階から話し合いをしていく中で、設計者が知らない知識を他部門から取り入れることにより、機能性の向上や改善点が見えてくることもあります。 今後、新たな設計システムであるBMIが普及することが予測され、それによりフロントローディングの導入も加速するであろうと考えられています。 「従来も、サブDR的なイベントは、電気設計や機構設計などの各技術領域内でも行っていたが、同じ技術課題に関わる技術者を集めてサブDRを行うことに意味がある」(見山氏)。

>

「フロントローディング」によるユースケース(1)

フロントローディングのデメリット 設計者の負担が大きい フロントローディングは設計者への負担が大きくなります。 後工程の情報が不足したままフロントローディングを実行すると、作業を請け負った部門は、実作業に加えて情報収集まで行わなければならず、過負荷な状態(フロントヘビー)に陥ってしまう。 したがって、設計段階に作業ピークが移り、施工段階での負荷を軽減することにつながります。 例えば、試作の前にDMUを行い、試作品による実験回数を減らす取組みなどがこれにあたる。 後工程の意見を吸い上げ、設計に反映することは非常に重要です。 今後、より多くの事例を収集・公開。 そしてCAEベンダ(CADベンダ傘下のツールも含めて)は、これらの複数の物理現象を同時に連成解析する「マルチフィジックス解析」への取り組みを強化している。

>

フロントローディング(ふろんとろーでぃんぐ)

STEP3:解決すべき論点に対して、互いの難易度を考慮して解決策を考え、採用判断する 解決策の検討は技術的知見や発想法などを活用して出していきますが、ここでは解決策がどの程度効果があるのか、互いにとってどの程度の難易度があるのかをチェックすることが重要です。 フロント・ローディング活動は、すり合わせ型の業務スタイルです。 」 高橋 生産技術リーダー(仮称) 図1 対立の様子 少しデフォルメされてはいますが、これは製造業で見かける設計開発と生産技術が互いに相手の仕事ぶりを批判しているシーンです。 原材料費だけではなく、労務費や流通コストなども対象とします。 ToBe業務評価プロトタイプは,このように業務フローとセットにすることで,ToBe業務の評価を行うために作成するものです。 組織プロセスとしてフロント・ローディング活動を体制化し、目的・目標を共有し、関係者が同じ方向を向いて業務推進することが重要です。 ですが、ベテランもわからないような複雑な製品システムや材料が今は多々生まれています。

>

フロントローディング開発のメリット

ToBe業務を評価するプロトタイプであることを忘れてはなりません。 現在は、開発の最上流で3次元CADを使って設計を行う技術者がCAEを利用することにより、試作回数を減らすことのできる「開発のフロントローディング」がトレンドとなっている。 これらの成功事例と失敗事例はどこに違いがあるのでしょうか? 対立の解決のやり方が大事 筆者はコミュニケーションの中において対立をどのように解決しているかの違いに、成功と失敗の差が生まれる一因があると考えます。 あいつら"モノづくり"をわかっちゃいない。 時間軸です。

>

解析利用によるカーナビ熱設計のフロントローディング (1/2)

フロントローディングとは フロントローディングは、「フロント」と「ローディング」を組み合わせた言葉であり、フロントとは初期に、ローディングとは負荷をかけるという意味です。 今では大手製造業、メーカーが企業全体で取り組むシステムの一つでもあります。 設計初期段階から他部門が始められる業務を早めに開始することで、製品の品質向上や生産コストを抑えたり、業務プロセスを改善したりできる可能性が高まります。 当然、解決策を出すためには相応の技術力が必要ですが、対立を回避や妥協で解決していては成功を得ることはできないのです。 ANSYS Discovery Liveは、ハイエンド解析ツールであるANSYS製品ラインとの高い親和性を持ち、統合解析プラットフォームであるANSYS Workbenchに環境をそのまま連携できる。 1つ目は「設計変更のしやすさ」を概念的に表したものです。 さらに、シミュレーションと現物の結果を突き合わせてより良い設計につなげることも可能になります。

>