フォー ネス ライフ。 NECソリューションイノベータがヘルスケア事業加速に向けてフォーネスライフ(株)を設立

NECソリューションイノベータがヘルスケア事業加速に向けてフォーネスライフ(株)を設立

こうした中,NECソリューションイノベータは,一人ひとりの行動変容こそが,健康寿命の延伸,そして,誰もが,楽しく,ストレスなく元気になれる,健康で豊かな明るい社会の実現につながると考え,かねてより健診結果予測,メンタルヘルス,睡眠などICTを活用した多様なヘルスケア関連サービスを提供している。 また、今後は心血管・脳血管疾患(初発)、認知症などに対象疾病を広げるほか、提携先を拡大し、事業者や医療機関、研究機関をつなぐエコシステムを構築してヘルスケア以外の業種、業界の企業ともパートナーシップを組みたいとする。 具体的には、SomaLogicが持つ少量の血液で大量の健康データを取得できる次世代血液検査プラットフォームを活用する。 同サービスは、約5000種類の血中タンパク質の解析結果と日本人向けに検証が行われた疾病予測アルゴリズムを組み合わせ、心血管および脳血管疾患の4年以内の初発・再発リスク、8つのからだの状態 肝臓脂肪、糖代謝能力、心肺持久力、アルコールの影響、基礎代謝量、体脂肪率、内臓脂肪、除脂肪体重 を可視化するもの。 また、血中タンパク質の解析結果と日本人向けの疾病予測アルゴリズムを組み合わせ、心血管と脳血管疾患の再発リスクを予測して改善策を提案するサービスを開発し、提携する医療機関などから10月にサービス提供を開始する。 たん吸引• 多くの人の行動変容を促し、健康寿命を伸ばすことが社会保障費の抑制にもつながると、フォーネスライフは見ている。

>

フォーネスライフ株式会社

NECグループのフォーネスライフは12月2日、米SomaLogicの血中タンパク質解析技術を活用し、健康状態・疾病リスクを可視化する、血中タンパク質測定サービス「フォーネス ビジュアス(Fones Visuas)」の提供を開始すると発表した。 また同サービスは、NECソリューションイノベータの「NEC 健診結果予測シミュレーション」を活用し、健康診断の結果から、一人ひとりに適した生活習慣の改善提案や生活習慣の改善を実践した場合の将来予測を提示する。 松田センター長は「大部分の病気は遺伝と環境が影響する。 江川氏は,「予防医療におけるヘルスケア革命」の使命の下,健康長寿社会の実現に取り組んでいきたいと抱負を語った。 製薬企業、研究機関と共同で行う血液タンパク質測定事業などを展開し、482件の特許を持つ。

>

疾病リスクを可視化する血中タンパク質測定サービス

今回その一環として、フォーネスライフを設立し、SomaLogicとの協業を開始した。 さらには,事業者,医療機関,研究機関をつなぐエコシステムの創造に向けて,ヘルスケア以外の業種・業界の企業ともパートナーシップを組み,2029年度に売上高1,000億円を目指す。 NECソリューションイノベータは2020年7月、ヘルスケア事業を加速・強化するため、医療機関向けの疾病リスク予測サービスや健康支援サービスを提供するフォーネスライフ株式会社を設立し、アメリカのSomaLogic社と協業を開始すると発表した。 SomaLogic社は、少量の血液から疾病予測に関連する血中タンパク質を解析する技術をもつ。 SomaLogicの技術と日本人向けの疾病予測アルゴリズムを活用して、ヘルスケア企業や団体が提供するサービスの品質向上や、新たなサービスの共同開発および提供を行う。 NECソリューションイノベータとの共創により,この革新的技術を,日本の皆様に世界で初めて提供することができます。 誰もが自分らしく生きられる社会」を実現することである。

>

NECソリューションイノベータ、健康寿命の延伸に貢献するヘルスケア事業会社「フォーネスライフ株式会社」を設立

なお、今回の発表にあたり、SomaLogic CEO Roy Smythe氏より、以下のエンドースメントを頂戴しております。 血中タンパク質測定による健康状態見える化/疾病リスク予測サービスの提供 血中タンパク質の解析結果と日本人向けの疾病予測アルゴリズムを組み合わせ、心血管および脳血管疾患の再発リスクを予測して改善策を提案するサービスを開発し、提携する医療機関等より本年10月からサービス提供 注3 を開始します。 協業するSomaLogicの最新技術やNECのICT・AI技術により,健康寿命の延伸に貢献していくとの意気込みを語った。 誰も病気にならない未来、誰もが自分らしく生きられる社会の実現を目指す」と意気込みを語った。 加えて、疾病リスクに合わせた食生活の改善や運動の提案など、一人一人に適した改善策とあわせて、それを実行した場合の結果をシミュレーションして提示することで、疾病予防・健康改善に向けた自発的な行動変容を促す。 持続可能な社会保障制度を確立し、国民の誰もが、より長く、元気に活躍する社会を構築するためには、国民の健康寿命を延伸し、健康長寿社会を実現することが急務です。

>

数滴の血液から健康状態や疾病リスクを可視化、NEC系新会社|Beyond Health|ビヨンドヘルス

そこでフォーネスライフがめざしていくのは,疾病予防・健康改善に向けた自発的な行動変容を促すことで,「誰も病気にならない未来。 感染していない人あるいは感染した人が重症化するリスクがどれぐらいあるのかといった予測ができるだろう。 加えて、疾病リスクに合わせた食生活の改善や運動の提案など、一人ひとりに適した改善策とあわせて、それを実行した場合の結果をシミュレーションして提示することで、疾病予防・健康改善に向けた自発的な行動変容を促す。 今後、フォーネスライフは心血管・脳血管疾患 初発 や認知症など対象疾病の拡充を進めるとともに、提携先の拡大を図ります。 NECも電子カルテシステムや地域医療連携サービス、医療事務/DPCシステム、データ活用システムとともに健康や介護などを対象にしたヘルスケア事業に取り組み、新型コロナウイルスのワクチンの設計に向けて、AI予測技術を活用した遺伝子解析の結果を公開するといった成果も挙げている。

>

NEC,健康寿命の延伸に貢献するヘルスケア事業会社「フォーネスライフ株式会社」を設立

2029年までに一般健診への組み込みなどにより、国内売上高300億円超を目指す方針だ。 だが、タンパク質の測定で健康状態や疾病が将来についても予測できる。 Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', and 'CNET News. 今回の技術および解析力は、新たな予防医療を開く大きなツールになる。 今後、フォーネスライフは心血管・脳血管疾患(初発)や認知症など対象疾病の拡充を進めるとともに、提携先の拡大を図る。 この一環として、このたびフォーネスライフを設立するとともに、SomaLogicとの協業を開始します。

>

NECソリューションイノベータ、ヘルスケア事業の「フォーネスライフ」設立

誤嚥性肺炎• 人工透析• 一度の測定で,健康状態の推計と全対象疾病のリスク予測,健康改善に向けた個別提案が可能で,人間ドックを行う医療機関などと提携し,2020年10月に提供を開始する予定としている。 NECソリューションイノベータとの共創により、この革新的技術を、日本の皆様に世界で初めて提供することができます。 胃ろう• 介護食• 流動食・嚥下食• 状況によっては受け入れ可• 提携医療機関などを介して、10月からサービスの提供を開始する。 脳血管性認知症• ツーリズムでは、学術的に血流の改善効果が認められる温泉やお食品などの嗜好(しこう)ツアーを企画し、「血液サラサラの名所めぐりができる」といった提案を行う考えなどを示した。 パーキンソン病• 今後,フォーネスライフは心血管・脳血管疾患(初発)や認知症など対象疾病の拡充を進めるとともに,提携先の拡大を図る。

>