ドーハ ラウンド。 ドーハ

ドーハ・ラウンドとは|金融経済用語集

その後アメリカとインドが二国間で貿易円滑化協定に関する議定書の採択に合意し、同時に食料安全保障目的の公的備蓄の扱いについての相互理解に達したことから、11月に開催された一般理事会において、全会一致でバリ合意が採択されました。 我々は、この目標を達成するよう自国の貿易担当大臣に指示するとともに、必要に応じて自らが直接に支援する用意がある」との文言が盛り込まれた。 「勝たないと次に行けない可能性がすごく高かったので、勝つことだけを考えてプレーしました。 2017年3月末時点のメンバーは、23か国・地域(日本、米国、EU、豪州、カナダ、韓国、香港、台湾、パキスタン、イスラエル、トルコ、メキシコ、チリ、コロンビア、ペルー、コスタリカ、パナマ、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、アイスランド、リヒテンシュタイン及びモーリシャスで、EU各国を含めると50か国)である。 25日にWTO事務局長より提示された裁定案では、NAMAについて各国の要望を反映した提案も盛り込まれるなど一定の進展も見られた。

>

第2節 WTO:通商白書2019年版(METI/経済産業省)

こうした報告書は、各国の貿易措置の監視を強化し、保護主義的措置の拡散を防止する効果が期待される。 ・原産地規制による行政費用の増加 FTAの対象品になるためには自国製品じゃないといけません。 このように4カ国は利害が異なりますが、ある局面では一致する可能性もあります。 主な対象品目は、半導体、コンピュータ、通信機器、半導体製造装置等である。 同会合ではポスト・バリ作業計画について、農業、非農産品の市場アクセス、サービスなどの分野間の相互関連性を考慮すること、プロセスの透明性及び包括性が重要であること、実現可能性と野心のバランスに注意を払うべきこと等について発言があった。 日本では米、こんにゃくいもなどをはじめ、いろいろな品目に対して高い関税を課して、保護しているものがあるため、市場に入っていきにくいという市場アクセスの問題があります。 RIETI編集部: BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の最近の著しい経済成長はグローバル経済の構造を変動させるほどの勢いがあります。

>

第2節 WTO:通商白書2019年版(METI/経済産業省)

2016年9月のG20杭州サミット首脳宣言において、EGA交渉の「着地点」到達を歓迎し、年内妥結に向けた努力を倍増するとされたことを踏まえ、同年12月に妥結を目指し閣僚会合を開催したが、対象品目に関する立場の懸隔が埋まらず、妥結には至らなかった。 しかしながら、農業、NAMAなど主要分野においてWTO加盟国間の立場に収斂がみられなかったため、7月末の一般理事会では当初目標としていた「モダリティたたき台」は作成されず、各交渉分野の現状報告が行われるとともに、WTO事務局長から交渉全体の状況報告がなされ、12月の香港閣僚会議に向けて各国の結束が呼びかけられるに止まった。 政治力かな。 さらに新興国(中国、インド、ブラジル等)と米国の対立 は様々な分野でおきた。 それは日本だけでなく、各国が思うところであり、それぞれの状況も異なるため交渉が難航してしまうのは仕方のないことなのかもしれません。 2006年11月にベトナムで開催されたAPEC閣僚・首脳会合で、再開に向けた大きな一歩が踏み出された。

>

ドーハラウンドとは

声明ではラウンド妥結の期限は明示されなかったものの、ラウンドを可能な限り早期に妥結すべきとの決意が改めて確認された。 しかしインドが合意を蒸し返す状態で反対したため期限までに採択できなかった。 そういった意味ではプレイヤーに入ってこないと思われます。 しかし先進国と新興国、農業国と農産物消費国との間に対立があり、交渉妥結には至っていない。 また、開かれた貿易により裨益するAPECエコノミーとして交渉の主導的役割を担い、11月のAPEC首脳会議で進捗報告を行うことが合意された。 これは、権利と義務の関係の均衡の上に成り立っているWTO協定実施の実効性にかかわる深刻な問題であり、全ての参加国に適用される新たなルール作りを妨げる要因ともなっています。

>

ドーハ・ラウンドとは

しかし、新興国に応分の負担を求める先進国と、その他の途上国以上の責任を拒否し、途上国優遇を盛り込んだ2008年の議長テキストの維持を主張する新興国が、議論の入り口で対立した。 MC9は、停滞していたドーハ・ラウンド交渉において画期的な成果を挙げ、WTOの交渉機能の信認維持に大きく貢献した。 本会合では、2010年までに最終合意を目指すこと、9月のG20サミット前に具体的進展がみられるよう、閣僚から事務レベルに具体的な指示を出すこと、等に概ね支持が得られた。 1 1930年代に蔓延した保護主義が第二次世界大戦の一因となったとの反省から、多国間の貿易自由化を目指し、1948年に、最恵国待遇・内国民待遇を大原則とするGATT(関税及び貿易に関する一般協定)が発効した。 グローバルな競争条件平準化の確保のため、第三国による市場歪曲的措置の排除に向けた、三極間協力の拡大に合意する共同声明を発出した。 G20、APEC等における保護主義抑止の政治宣言については、保護主義抑止の実効性を高めるため、WTO整合的であっても重大な保護主義的影響を及ぼす措置の最大限の自制に加えて、二つの大きな要素が存在する。

>

ドーハラウンドとは

会合では、残された論点を整理するため、ジュネーブで夏前に高級事務レベル会合を再開し、閣僚が継続的にこれを支援することが決定され、交渉妥結を目指す機運が高まりはじめた。 この閣僚会議において、一括妥結は当面実現不可能であるとして、部分的合意などを積み上げる「新たなアプローチ」を試みることが採用され、全会一致で合意されました。 7.2011年中の妥結を目指した交渉の再活性化へ 2010年1月30日には、スイス・ダボスにおいてWTO非公式閣僚会合が開催され、我が国から経済産業大臣、農林水産大臣が出席した。 閣僚プロセスとしては、5月19日に米国モンタナ州ビッグスカイでAPEC貿易担当大臣会合が、5月26日にフランス・パリでWTO非公式閣僚会合(豪州主催)が開催され、年内妥結は困難との認識が共有された。 パリでは、最終的な一括受諾の目標を諦めることなく、12月の定期閣僚会議に向けて一定の成果を出すべく、今後の進め方につきジュネーブで事務レベルの議論を進めることで概ね合意された。

>

第2節 WTO:通商白書2019年版(METI/経済産業省)

夏休み明けの9月初めにシドニーで開催されたAPEC首脳会議では、年内に交渉が最終局面に入ることを確保するとの声明が発出された。 一つは、「スタンドスティル(現状維持)」のコミットメントであり、新たな保護主義的措置を実施しないことを約束している。 日本は長らくWTOを重視し、FTAは進んで締結してきませんでした。 具体的には、まず5月の一連の閣僚プロセスから、ジュネーブに政治的インプットがもたらされることが期待された。 SDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」は、目標1から16までを達成するための「実施手段の強化」と「パートナーシップの活性化」に向けた目標を掲げており、ドーハ・ラウンド(DDA)交渉により、公平に貿易をすることでパートナーシップの構築につながっています。 国連サミットで採択されたSDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」のターゲットには「ドーハ・ラウンド(DDA)」についての内容も含まれています。

>