オードリー タン 氏。 唐鳳

オードリー・タン氏が語るデジタル民主主義の未来

また、当初は薬局のみでしか購入できなかったが、交通の便や移動距離を考えると近くに薬局がない人に対して公平性が保たれないという意見が挙がり、すぐにコンビニでも受け取れるよう対応したという。 オードリーさんがコメントで残してくれた訂正箇所について、何度かドキュメント上でやりとりをすると、彼女はきっちり「解決」ボタンを押し、颯爽とドキュメントを去っていった。 そうすれば、彼らが何を使えないのか、なぜ使いにくいのかという感覚を理解できて、プログラマーの側に「共感」が備わっていきます。 持ち運びがグッと楽な本格派モバイル機!• その話を知った衛生福利部の部長で、新型コロナウイルスの政府対策本部長である陳時中(チェン・シーチョン)氏は、新型コロナウイルス政府対策本部が主催する定例記者会見にピンク色のマスクを着けて登場。 ピンク色のマスクを着けた政府の新型コロナウイルス対策本部長。 意見は様々ですが、 いずれにしてもオードリー・タン氏、今後も大注目ですね。

>

台湾の「ITの神」オードリー・タン 若き天才デジタル大臣の歩みと“すごさ”をわかりやすく解説!

それならば筆者自身が情報を訂正しても良いかと食い下がると、その答えはこうだった。 オードリー氏は何がすごいのか 3つのポイントで解説! 経歴だけでも十分に特別さの伝わるオードリー氏。 一方同じトピックについて意見を求められた田中氏は、「効率という言葉からの解放をまず念頭におくべき」と語り始めた。 それなりの利益を得られなければ投資しにくいと思うのですが、そこはどのように交渉したのですか?」(古川氏) これに対するオードリー氏の答は、地方への投資は必ずしもハイリターンな投資である必要はないというものだった。 各閣僚や国会議員もピンク色のマスクを着用し、さらに蔡英文総統は自身のFacebookで「男の子にとっても女の子にとっても、ピンク色は素敵な色」と投稿。 そのあと、漢字の名前を考えているときに、まず「鳳」という字を選びました。

>

「3つのF」で抑え込みに成功──オードリー・タン氏が語った、台湾の新型コロナ対策

そこで、この方法はとりあえず停止して、まずは健康保険カードを持って薬局に並んでマスクを買ってもらうことにしました。 デジタルは国民が一緒に社会や政治を考えるツールにすぎません。 一定の条件を政府が飲むことで、やっと就任していただけたのだそうです。 改名の後押しになった日本人友人の言葉 二十四歳になって、私は自分がトランスジェンダーであることを初めて明らかにしました。 今年5月、台湾政府は米国政府と共同で「cohack」ハッカソンを開催した。 政府の仕事を「徹底的に見える化」するなど、今世界中で注目の人物です。 誰とでも分け隔てなく接し、包み込むようなやさしさを感じます。

>

オードリー・タン氏が語った日本と地域の課題:NoMaps2020

現金や無記名式の悠遊カードを使い慣れていた高齢者には不便な方法だったのですね。 WHO(世界保健機関)も、新型コロナに合わせインフォデミックへの警戒を呼びかけている。 この政治への直接参加と常に改修していくという2つのことが合わさって、柔軟性があって生き生きとした社会が形成されているのでしょう。 そのFとは「 Fast(高速)」「Fair(公平)」「Fun(楽しい)」だ。 そこでタン氏は、衛生福利部とともに6000軒に上る健康保険特約薬局と協力し、各薬局のマスク在庫状況を30秒ごとに更新するオープンデータを提供、シビックテックコミュニティとともにAPIの仕様を決めて、公開した。

>

オードリー・タン氏が語る「家族」という枠組みから自由になる方法

何事にも先入観を捨てて当たるべきであり、ひびを見つけ、それを修復しようとして初めて、そこからさす光を見つけることができる… 凝り固まった価値観にとらわれず、台湾の大臣でありながら、パフォーマンスではなく10歳~20歳の若い人と分け隔てなく話す。 関氏も「日本はパーティシペーションが圧倒的に足りていない状況。 少年は「配給されたマスクがピンク色で(当時、マスクの色や柄はランダムに配給されていた)、友人にからかわれたらと思うと着けて登校するのが不安だ」と述べた。 みんなが右手で字を書いていることには気づいていたので、その頃から「自分はマイノリティである」という経験をしています。 「結婚を祝福されたい」という願い 台湾での合法化は、フェミニスト運動とQ+運動がもたらした勝利でしょう。

>

オードリー・タン「台湾がアジアで初めて同性婚を認めた国となった理由」 (1/2)

「毎年訓練を実施してきた成果です」とタン氏は語る。 午後2時から午後5時までは予約制で、から予約を申し込める。 二十歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査すると、だいたい男女の中間ぐらいであることがわかりました。 もし国民投票があっても、彼らの存在は非常に少数派となり、その声は社会になかなか届きません。 企業体力がない中小企業でも、ソーシャルイノベーションに貢献できることはあるのでしょうか?」(古川氏) 自身がSocialtextというスタートアップで働いていた当時のオープンイノベーションの仕組みを紹介し、中小企業であってもシビックテックコミュニティはすぐそばで歓迎しているものだと、オードリー氏は答えた。

>

オードリー・タン氏来日!世界が注目する台湾発の合意形成プロセスを学ぶワークショップ@霞が関・鎌倉で開催

哲学者に学んだ「家族」的関係 私は若い頃、オーストリアの哲学者、ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの熱烈な愛読者でした。 さらには1日33ドルも支給。 このような仕組みは「人々がオープンなデータを信じる、という点で非常に重要でした」とタン氏は語る。 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん. 台湾の例を聞いていると、ものごとを継続、拡大していくためには国の力が重要になるけれど、始めるのは常に市民からだということを実感します」(田中氏) Code for Sapporo、Code for Japan 古川 泰人氏 長期的な視点を持てば中小企業でもイノベーションに投資できる 第一次産業が盛んな北海道において、多くが伝統的なシステムで成り立っており、デジタルの恩恵を受けられていないとして、古川氏は次のような質問をした。 「マイノリティであるからこそ、他の人には見えない視点を持つことができるかもしれない」とも思います。

>