原田 マハ たゆたえ ども 沈 まず。 原田マハ著『たゆたえども沈まず』を読みながら(2) 分かっていても、やはり泣けてくるゴッホとテオの感動の物語

原田マハ著 小説『たゆたえども沈まず』を読みながら あらためて小説の形で読むゴッホとテオの物語に強く胸を打たれた

目の前に常にキャンバスがあるような。 文学部日本文学科、第二文学部美術史科卒業。 「実は日本人ほど早くから印象派やゴッホの作品に親しんできた国民も珍しいんです。 この本に触れた時、僕の中で改めてあの時の感動が蘇ってきました。 。 それから、半年後の1891年1月25日、テオはオランダので衰弱して死去。 この作品は、フィンセント・ファン・ゴッホと弟のテオドルス、 当時パリにあった画廊の若井・林商会の林忠正と そこで働く加納重吉の物語です。

>

【谷原店長のおススメ】ゴッホの壮絶な生涯、支えた者たち「たゆたえども沈まず」|好書好日

見事なものだ。 そこに入ってきたのが浮世絵で、見たこともない色や構図や遠近法に、敏感な人ほど夢中でした。 、賞を受賞されているんですね。 その重吉と、テオが語り役を入れ替わりながら務め、 なかには林が語り手となる章もあります。 林忠正とフィンセント・ファン・ゴッホの関係だって一時期同じパリにいてあるいは道で偶然すれ違うとかカフェでいっしょになったことくらいはあったかもしれない。

>

たゆたえども沈まずの通販/原田マハ

」との全作品の相続を受けるようアドを送る。 期せずしてひとりゴッホ祭りな1973年の年の瀬になったなあと。 自分が海や川の中でぷかぷかと浮かんでいることを想像してみてほしい。 『ジャポネズリー:おいらん(渓斎英泉を模して)』1887年9月-10月、引用:ヴァン美術館 もう1枚の重要な作品は、『爺さん』です。 そうすると、より味わい深くなると思います。

>

「たゆたえども沈まず」 : パリ市の標語から人生のヒントを得てみよう|パリノメモ : フランスブログ

おまけその2:ゴッホの続きを描いてみませんか このブログのトップ画像にしているのは、「ゴッホのひまわりの続きを描く」という楽しい遊びをしたときの絵です。 続きのブログを、ぜひお楽しみに。 。 ほかの著作に『本日は、お日柄もよく』『キネマの神様』『たゆたえども沈まず』『常設展示室』『ロマンシエ』など、アートを題材にした小説等を多数発表。 成し遂げた。

>

たゆたえども沈まずの通販/原田マハ

また、多くの記事には、初めて知るの真実が書かれていいて感心しました。 Share• 【「TRC MARC」の商品解説】 誰も知らない、ゴッホの真実。 波は誰にでも訪れる。 「パリ・イリュストレ『日本特集号 第45・46号 』」 パリ刊、引用:青羽 本書に登場する重要な2枚の絵 この小説の前半には、2枚の重要なの作品が登場します。 投稿者: りん - 原田マハさんの作品を初めて読みました。 林忠正が実在の人物であること以上に加納重吉がまったくの架空の人物であるということに原田マハさんの卓越した作家性を垣間見た思いだ。

>

「たゆたえども沈まず」 : パリ市の標語から人生のヒントを得てみよう|パリノメモ : フランスブログ

【谷原店長のおススメ】ゴッホの壮絶な生涯、支えた者たち「たゆたえども沈まず」 俳優の谷原章介さんが、店長として、月替わりでイチオシの本を紹介する連載「谷原書店」。 たくさんの人達がゴッホに惹かれ続ける理由を、この本が教えてくれた気がします。 木の幹と草むらの絵ですが、様々な植物が波打つ絨毯のように、生き生きと描かれています。 それと同時に衝撃をうけたのは、ゴッホがあの素晴らしい作品を生み出した背景にある深い哀しみ、苦悩と喪失です。 ・ ・ ・ さて、ここからなにかヒントを得てみましょう。 忠正はパリに日本美術を紹介し、ジャポニズム旋風を巻き起こした立役者です。 原田さんにとってゴッホは運命の画家で、思いの丈が本書に詰まっています。

>

【谷原店長のおススメ】ゴッホの壮絶な生涯、支えた者たち「たゆたえども沈まず」|好書好日

MoMaのキュレーターがスイスの大邸宅で見た、巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。 その奇跡の出会いが〝世界を変える一枚〟を生んだ。 小説では、テオから受け取った画材代金で酒を飲み、店には支払わず、さんの肖像を書いて、プレゼントするというストーリーになっています。 いかにも日常生活で出てきそうなセリフなんですけど、その言葉の数々にいつも感動させられちゃうんですよね。 なんとも心許ない。

>

『たゆたえども沈まず』:原田マハ|フィンセントとテオ。離れられない関係だからこそ・・・

史実とフィクションを上手に混ぜながら生み出された、非常に魅力的な小説であると思います。 妻ヨー・ボンゲルから、テオ死去の報告を受けたは、彼女を慰め、「ヨー、あなたがひとり、彼の作品を理解し、継承する役目があるのです。 多くの芸術的天才を生んだ19世紀末のパリに本拠を置き、オランダ、ベルギー、ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国、中国(清)などを巡って、日本美術品を売り捌いた。 もちろん画家ゴッホの生涯は確かに悲劇であるし、その弟テオも兄の死から半年で死んでしまうのであるからそれもまた悲劇であるが、もし純粋にゴッホという画家を評価するならば、そういう悲劇性から切り離れた描き方もあってもよかったような気がする。 あと本書中で、誰の目にも触れないアートや小説は独り言に過ぎない、といった趣旨のことを書いています。 一方、生前は不遇を託(かこ)ち、死後に脚光を浴びたフィンセントの生涯は一見真逆に映るけれど、たゆたえども沈まない信念という点では、似た者同士でもあります」 そして圧巻は本書の表紙にもある『星月夜』だ。

>