みのる ダイニング 岡山。 みのるダイニング さんすて岡山店における「岡山県産桃太郎トマトフェア」の実施について【JA全農(全国農業協同組合連合会)】|食品卸、問屋の業績、人事、企業合併など、最新情報|ニュース|フーズチャネル

【さんすて岡山 ランチ編】岡山県産の食材を使ったおしゃれなランチが食べられる「みのるダイニング」に行ってみた♡

これまで全国で15店舗を展開しており、このたびの出店が16店舗目となる。 今年7月にオープンした「みのりカフェfukuyama」(広島県福山市)でも、メニューに地元食材を使うことはもちろん、内装に福山市の伝統工芸品であるデニムやい草を取り入れるなど、地域色豊かなお店になっています。 45坪 席 数 55席 運営業務委託先 株式会社KRホールディングス. 「黄にら」や「パクチー」「エンダイブ」といった岡山県産の野菜、「里海米きぬむすめ」「里(さと)海卵(うみたまご)」「おかやま和牛」や「ピーチポーク」などこだわりの岡山県産食材を使用した定食やグリル、アラカルトメニューを用意する。 食堂、カフェ、ダイニングとスタイルは地域によって異なりますが、地元産・国産の農畜産物の提供、そして、その土地土地の魅力を発信することにこだわり抜いています。 里海米2合分の生産には牡蠣約1個分のかきがらが再利用されており、里海米を食べるだけで里海再生活動に参加できる。

>

みのるダイニングさんすて岡山店にて「新米!晴れの国うまれ“里海米(さとうみまい)”フェア」開催中!

JR岡山駅の商業施設に「みのるダイニング」オープン 地元の農業・農畜産物の魅力発信 全農「みのりみのるプロジェクト」は3月13日、JR岡山駅の商業施設「さんすて岡山」に「みのるダイニングさんすて岡山店」をオープンし、開業初日から多くのお客さまでにぎわいました。 茄子もとろっとしていてカレーと一緒に食べると最高! 何気に奥に入っていた人参もかなりの大きさだったので驚きました!人参も「にんじんくささ」がほとんどなく、甘くてほくほくしているので本当に食べやすかったです。 折角なので2品選べるメニューにない物をチョイスしました。 お近くにお越しの際はぜひご利用ください。 しかし、少し脂っぽい感じもする・・・。 まずは生姜焼きから食べてみます。

>

JR岡山駅の商業施設に「みのるダイニング」オープン|JA全農ウィークリー

里海米は、JAグループ岡山の「瀬戸内かきがらアグリ事業」の一環で、瀬戸内海で水揚げされた牡蠣殻を田んぼにまき、牡蠣殻の豊富なミネラルで生産された良質なお米です。 みのるダイニングさんすて岡山店で使用する里海米の品種は「きぬむすめ」で、(一社)日本穀物検定協会の食味ランキングにおいて2016年産から最高ランクの「特A」を4年連続で取得しています。 とりあえず結構な味の濃さなので、一緒に付いてきたお味噌汁と中和しながら食べるとちょうどいい(笑) 野菜グリルは醤油ベースの和風ダレがかかっていました。 岡山県産牛とピーチポークの自家製ハンバーグ から2品選ぶ事ができるようでした。 期間中は、みのるダイニングの店頭で「里海米きぬむすめ2kg」(瀬戸内かきがらアグリ基金対象商品)も販売する。 全国で15店舗を展開しており(令和元年12月末日現在)、利用者の皆様からご好評をいただいております。 ご飯をしっかり食べられる食事メニューがそろう「みのる食堂」と、旬の野菜を使ったデザートやサンドイッチなどの軽食を提供する「みのりカフェ」。

>

口コミ一覧 : みのるダイニング さんすて岡山店

今年は長梅雨の影響が心配されましたが、里海米は牡蠣殻のミネラルによって元気に育ち、良質で美味しい新米に仕上がっています。 おいしさが増す時期と語呂合わせから、10月10日は「岡山県産桃太郎トマトの日」として認定されました。 同事業は、"里海"である瀬戸内海で育てられた牡蠣の殻を有効利用する循環環境保全型事業で、主食用米の他にも酒米や養鶏向け飼料への活用を進めている。 岡山県産白身魚&岡山県産カキフライ• 開催期間は、11月18日までの28日間で、収穫されたばかりのおいしい新米が味わえます。 また、里海米の売上の一部は「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立てられ、里海再生活動を支援する取り組みとして活用されます。 日本農業の発展のためには 「1台しか売れない機械でも」をモットーにさまざまな分野で 新たな製品の開発を行っています。

>

「みのるダイニングさんすて岡山店」が JR西日本岡山駅構内にオープン!【JA全農(全国農業協同組合連合会)】|外食業界の新店舗、新業態など、最新情報|ニュース|フーズチャネル

また期間中はみのるダイニングの店頭で「里海米きぬむすめ2kg」(瀬戸内かきがらアグリ基金対象商品)の販売もおこないますので、この機会にぜひご来店ください。 銀座からスタートした「みのりみのる」のお店は、その後も福岡、京都、新潟など、全国へ展開し、現在、12都道府県で19店舗まで広がりました。 フェア期間中は、この「里海米きぬむすめ」の新米を楽しめるほか、毎日、先着40名様に「里海米きぬむすめ2合パック」をプレゼントしています!また店頭にて「里海米きぬむすめ2kg」(瀬戸内かきがらアグリ基金対象商品)の販売もおこなっておりますので、ぜひお立ち寄りください。 16店舗目の出店となる「みのるダイニングさんすて岡山店」では、岡山県産食材を中心としたメニューをご用意し皆様のご来店をお待ちしています。 岡山産の木材をふんだんに使い、入り口には岡山デニム生地ののれんが。 今回のフェアでは、「里海米」の新米をお楽しみいただけるほか、毎日、先着40名様に「里海米きぬむすめ2合パック」をプレゼントします。

>

岡山駅構内に今春「みのるダイニング」オープン JA全農|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

注文してから10分少々・・・(ボチボチ時間がかかった印象) ランチの登場です。 岡山県産里海米(さとうみまい)は、JAグループ岡山「瀬戸内かきがらアグリ事業」の一環として瀬戸内海産牡蠣の殻を田んぼにまき、牡蠣殻のミネラルで生産されたお米です。 全国で15店舗を展開しており(令和元年12月末日現在)、利用者の皆様からご好評をいただいております。 メインは• 「黄ニラ」や「パクチー」といった野菜をはじめ、「里海米きぬむすめ」「里海卵」「おかやま和牛肉」「ピーチポーク」などの食材も楽しめます。 。 そのほかにも色々なランチメニューがありましたが基本的には「2品選べるプレート」で選べるメニューの何かがメインになった料理のようでした。

>

「みのるダイニングさんすて岡山店」が JR西日本岡山駅構内にオープン!【JA全農(全国農業協同組合連合会)】|外食業界の新店舗、新業態など、最新情報|ニュース|フーズチャネル

手前の山芋が大きめにカットされていてホクホクで美味しかったな! 鶏肉は少し固めの印象・・・。 粘りが強く「コシヒカリ」にも負けない美味しさで、岡山米の代名詞といわれている品種。 柔らかい豚肉はとてもしっかりと味がついていて、蜂蜜の甘さもちゃんとわかるような少し甘めの味付けでした。 農に 生かされ、 農に 尽くす。 豚肉自体も柔らかくしっとりとしています。 今回のフェアでは、桃太郎トマトの強い甘みと適度な酸味を活かした特別メニューを提供しますので、この機会にぜひご来店ください。 店舗の 詳しい情報は こちら オープンした「みのるダイニングさんすて岡山店」 カテゴリー最新記事• 現在では、開発から生産、営業までを一貫して手がける 農業機械メーカーとして付加価値の高い製品を手がけています。

>

みのる産業株式会社

みのるダイニングで使用する「里海米きぬむすめ」は、食味評価の最高ランク「特A」を取得。 2品選べるプレート(1480円) 「岡山県産ピーチポークの生姜焼きはちみつ風味」 「岡山県産森林どりと野菜のグリル」 をチョイスしてみました。 今年は長梅雨の影響が心配されたが、里海米は牡蠣殻のミネラルによって元気に育ち、良質で美味しい新米に仕上がっている。 岡山県産森林どりと野菜のグリル• 岡山県産ピーチポークの生姜焼きはちみつ風味• 里海米の売上の一部は「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立てられ、里海再生活動を支援する取り組みに活用される。 また里海米の売上の一部は「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立てられ、里海再生活動を支援する取り組みに活用されます。 プロジェクトでは2010年9月、東京・銀座にある銀座三越に飲食店「みのる食堂」と「みのりカフェ」をオープンさせました。 里海米2合分の生産には牡蠣約1個分のかきがらが再利用されており、里海米を食べるだけで里海再生活動に参加していただけます。

>