ワード プレス アイ キャッチ。 【ワードプレス】アイキャッチの画像サイズを横長に変更する方法【おすすめ】

WordPressのアイキャッチ画像を挿入・非表示・サイズする方法│TORUS WEB

もくじ• 選択肢がある場合は、意識して選んでみましょう。 記事の投稿画面でアイキャッチ画像をアップロードする• では、早速、その手順を。 ここに画像を設定するだけでOKです。 エクスポートしたファイルは、xmlという拡張子のテキストファイルになっています。 ブラウザ上でシンプルに文字入り画像が作れる「文章を画像化できるWebツール!」 上記の3つの方法について、それぞれキャプチャ入りで詳しく解説しています。

>

【WordPress】アイキャッチとサムネイルの違いを解説!プラグインで再生成も可能

ブラウザツール「文章を画像化できるWebツール!」の使い方• 2017年結婚。 その場合は、素材サイトを利用してみましょう。 Twitterの場合 【公式】Card validator Twitterアカウントでのログインが必要です。 日本語フォントの種類も豊富で下にまとまっているので選びやすい• そんな今回は、ワードプレスでアイキャッチ画像のサイズ変更設定方法について詳しくお届けしていきます。 これでアイキャッチ画像の設定は完了です。 Size(サイズ)…スライダーで文字のサイズを変更できます• また、アイキャッチ画像のSEO効果を上げるテクニックもご紹介していきますので、最後までしっかりとご覧ください。

>

【簡単解説】アイキャッチ画像をWordPressで設定する方法&制作!

ちなみに、アイキャッチ画像はわざわざ縮小(サムネイル化)しなくても利用することが可能です。 今回は、ワードプレスでのアイキャッチ画像のサイズ変更設定方法について詳しく解説していきます。 が、なかなかそうはいかないもの。 詳しくは各テーマで少しずつやり方が異なるようなので、調べてみてくださいね。 大サイズ幅・高さ指定 数値を入れたら「変更を保存」をクリックします。 選ぶテーマによって画像がタイトルの上だったり、下だったりしますが、私の場合はカスタマイズしてタイトルの下にアイキャッチ画像を表示するようにしてます。 これでアイキャッチ画像の設定は完了です。

>

記事にアイキャッチを設定する

アイキャッチ画像を選択すると、右側に画像の情報が表示されますので、「アイキャッチ画像を設定」をクリックしてください。 検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。 アイキャッチを設定すると自動的に作成される• 大体横幅600ピクセル以上にするときれいに映えると思います。 なお、「3. はじめに「全体」と「メディアのみ」、2つの形式でエクスポートする はじめに、旧サーバからWordpres標準のエクスポートでデータを抽出するのですが、この時に、2回エクスポートします。 ボーダー(薄い枠線)• サラリーマンに読んでもらいアフィリエイト情報満載のメルマガ! 特にブラック企業に務めている人に読んでもらいたいかも。 ちなみに、アイキャッチ画像はわざわざ縮小(サムネイル化)しなくても利用することが可能です。 記事の投稿画面でアイキャッチ画像をメディアライブラリから選択する• これで旧エディタに戻ります。

>

【Wordpress】【JIN】カテゴリーのアイキャッチ画像を設定する方法|広瀬ユキBlog

文字入力画面一番下の列左の「Font」を押すとフォントが選べます。 Webメディアは、 ユーザーに多くの記事に遷移して、媒体のファンになってもらえることを望むのです。 そのあとはメルマガをしっかり読んで行動してくれれば 1万円、3万円、5万円とステップアップして稼ぐことが可能です。 気になったので、ついでに調べてみました。 また、警告だけでなく、 アイキャッチ画像を設定しないと「公開」ボタンが押せないようになっています。 子育てを通じ、自分の成長も感じながら10年。

>

WordPressのアイキャッチ画像を自動設定!プラグインで表示されない時の対処法

有名ブロガーも多数使用 稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。 ここでは アイキャッチ画像について、誰でもわかるように優しく解説しています。 アイキャッチ画像とは? アイキャッチという言葉は、英語に直すと、Eye(目) Catch(捕まえる)です。 。 新規投稿画面にアイキャッチ画像が設定されているのを確認できます。 「名前」「メールアドレス」の2点を入力• このアイキャッチ画像をツイッターなどのSNSに投稿する際にサムネイルとして表示させるには、別の設定が必要になりますので、別の記事でまとめようと思います。

>