服用 薬剤 調整 支援 料 2。 【2020調剤報酬改定】服用薬剤調整支援料2を算定するポイント

レセプト摘要欄の記載事項

これはからの引用ですが、 まず「調剤基本料2」の対象が拡大しました。 薬わかるがお届けする 世界最高の電子薬歴はコチラへ. important; border-color: 4caf50! 「服用薬剤調整支援料2」だ。 )が処方されていたものについて、患者又はその家族等の求めに応じ、当該患者が服用中の薬剤について、一元的に把握した結果、重複投薬等が確認された場合であって、処方医に対して、保険薬剤師が当該重複投薬等の解消に係る提案を文書を用いて行った場合に、3月に1回に限り所定点数を算定する。 服用薬の理解度やアドヒアランス• イ 患者若しくはその家族等の求めがあった場合等、調剤後の薬剤管理指導の必要性が認められる場合であって、 医師の了解を得たとき 引用: P22 従って、 患者さんから求めがあっただけじゃできませんし、薬剤師が必要性を感じただけでも無理です。 高度薬学管理を担う視点で、「かかりつけ」に加えて「薬学管理料」を重点評価• (医療ジャーナリスト 冨井 淑夫) (編集:株式会社日本経営 2020年3月作成). こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 現状、薬剤服用歴管理指導料 特定薬剤管理指導加算2の算定要件には入っていませんが、厚労省は日本臨床腫瘍薬学会認定の「外来がん治療認定薬剤師」、日本緩和医療薬学会認定の「緩和薬物療法認定薬剤師」等の高度薬学管理機能に対応する専門的資格を有する薬剤師の参画を想定しているようにも見えます。 重複投薬の解消にむけての取り組みの評価 最近よく言われている、ポリファーマシーというやつですね。

>

服用薬剤調整支援料の概要と注意点、コツなど

減薬された状態が4週間続く 減薬後、いきなり算定はできません。 薬を減らそうとする患者と医師の2つの壁を超えないといけないので、算定することがかなり難しいです。 かかりつけ薬剤師指導料の基準見直し• 「患者の同意を得た上で、文書及び練習用吸入器等を用いて、必要な薬学的管理・指導」を行い、「医療機関に必要な情報を提供した」場合、3月に1回に限り算定可能。 もし内容についてご不明点やご質問がございましたら、どんな内容でも結構ですので、下記コメント欄、またはまでお気軽にご連絡ください。 ー必ず確認すること2つー 内服薬6種類以上・4週間以上服用あり 薬を減らしたい患者の意向あり 1-2.算定までの流れ 算定までの流れを具体的にご紹介します。 本改定の調剤報酬において特徴的だったのは「対物業務から対人業務への転換」に向けて、「抗がん剤投与の患者に対する副作用対策の説明や、支持療法に係る薬についての服薬指導」等の保険薬局の「高度薬学管理機能」を重視した新機軸が登場したことではないでしょうか。

>

【2020調剤報酬改定】服用薬剤調整支援料2を算定するポイント

申請時には プレポイド報告をした内容がわかるものの写しが必要だ) このプレアボイド報告に関しては、当時地域支援体制加算が新設された当時では 内容の情報が錯綜し薬局における調剤過誤やヒヤリハットまで報告していた内容があったがプレアボイドの観点からしての報告共有、(地域支援体制加算申請時含む)に関しては 事故等を未然に防いだ、また起こりうる可能性のあった事象を疑義照会等で処方変更が円滑に行われた件および、意図した効果が得られないと判断された内容である。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 ・内容等を薬歴に記載する。 既に服用薬剤調整支援料2を算定した案件で服用薬剤調整支援料1も算定できるのか 服用薬剤調整支援料2を算定した案件で、その後処方医が処方内容を見直し2種類以上減薬となり服用薬剤調整支援料1の要件を満たすこととなることが起こりえますが、そのような場合は服用薬剤調整支援料1は算定することはできません。 したがって、普段からコミュニケーションを取れている医師に事前にこうゆうような提案をする可能性がある、ということを伝えておいてから実際に提案するのが無難と言えるでしょう。 分割調剤は、長期処方で保存困難の時、後発品のお試し、医師の指示によるものなどで対応が変わってきます。 外来服薬支援料を算定する場合は、以下のことを薬歴に記載します。

>

2020年度診療報酬改定 服用薬剤調整支援料2【服用薬剤調整支援料】

3月に1回とは、例えば本日10月20日に算定した場合に12月末までは3月として扱う。 薬剤師からの減薬提案なのだから。 保険薬局が重複投薬等の解消に係る提案を行ったものの状況に変更がなく、3月後に同一内容で再度提案を行った場合に服用薬剤調整支援料2は算定できるか。 で、この加算の名前が「服用薬剤調整支援料2」となっていますが、現在「服用薬剤調整支援料」というものが既にあるんですね。 どうも上手い例が浮かびませんが、本来、重複投薬相互作用等防止加算で取るようなところを、後日の対処でする場合はとかが対象になるのか。

>

【2020調剤報酬改定】服用薬剤調整支援料2を算定するポイント

患者の同意は必須なのが大前提だが、処方医に対する疑問が出てしまうようなことになっては論外。 さらに今後の解釈でかかりつけ薬剤師を算定していないと算定できません、などの解釈が出てくる可能性もゼロではないですね また参考までに医師へ報告する文章のひな型と例文をダウンロードできるようにしておきます ダウンロードはこちらから 合わせて読みたい• なお、セミナー中で使用したを参考資料として掲載しておきますので、必要に応じて参照ください。 数日分の処方が多い保険薬局等を除くと、減収になる保険薬局も少なくないと想定されます。 「1と2を合わせて月4回に限り算定」と要件があるように、緊急時の在宅患者の状態に合わせて1か2かを選択可能で、算定対象患者の裾野を広げることに繋がります。 一番最後の情報提供は、条件を満たしていれば服薬情報等提供料1又は2も算定することができます。

>

【2020年】服用è

現在、調剤基本料1を算定している「月1,800回超〜2,000回、かつ集中率95%超」の薬局が、調剤基本料2に移行します。 このため、要件を満たさない。 なお、 頓服薬は対象とならない点に注意が必要です。 恐ろしい規制なのが分かる。 なお、保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。

>