平素 は 格別 の ご 高配 を 賜り 厚く 御礼 申し上げ ます。 「平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます」意味と使い方・例文

格別のご高配 /文例・敬語の使い方・意味

すると「平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます」の意味は… 「日ごろはこの上ない、心からの思いやりをしてもらい、本当にありがとう」 「日ごろは特別な、心からのお情けもらい、本当にありがとう」 のように解釈できます。 おなじような表現としては「お世話になっております」もあります。 例文「先般はご高配を賜り誠にありがとうございました」 などのように使ってもよいでしょう。 また「ご厚情」とおなじように使える言い換えには「ご高配」「お引き立て」もあります。 例文「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます」• ビジネスのメールの場合は、前文のうち、「時候の挨拶」「安否の挨拶」はなくてもかまいません。 さて(ここから本文を書く)末筆ながら、ご自愛のほどお祈りいたします。 賜る = もらう• ビジネス文書や手紙なら…• 「平素は格別のご高配を賜り」というフレーズは、日頃の感謝の気持ちを相手に伝えたい場合に、手紙やメールの文頭で使用する最も代表的な定型句です。

>

「平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます」意味と使い方・例文

まぁ、そんなことは誰も気にしないとは思いますけどね… ただしメール結びや締めくくりとして「今後ともご厚情を賜りますようお願い申し上げます」はよく使われます。 「いただく」よりも「賜る・あずかる」のほうが、よりかしこまった印象となりますね。 これらの、手紙の前文は、改まった場合に使用するもので、メールのようにフランクなものには、そもそも不要です。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます」• では、具体的に文章で見た方が分かりやすいので、例文をいくつかご紹介しましょう。 平素はひとかたならぬご愛顧を賜り• 平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。 ご厚情 = 厚いお情け、心からの思いやり• 年賀状での挨拶の場合、「厚く御礼申し上げます」という言葉以外に、年始の挨拶を加えなければなりません。

>

「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」意味と使い方・例文

毎々格別のごひいきを賜り、ありがとうございます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 「賀正」や「迎春」などの短い賀詞は、相手に対する敬意は込められているものの、省略した言葉です。 本文の内容を、相手に聞き入れてもらうめの準備、根回し的な意味もあって、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」などの感謝の言葉を使われます。 いつもお気に掛けていただき、本当にありがとうございます。

>

(株) テラオカ

ということでどれも大差ありません。 」などの感謝の挨拶は、「お詫び」の手紙の場合は不要です。 心からの深い思いやりの気持ち」であり、「ご高配」と似たようなシーンで使われます。 お引き立て 引き立てとは、「目をかけ、ひいきにすること」と意味し、ビジネスシーンでは、上の地位に引き上げてもらったときに用いられます。 この場合は、心から感謝するとともに、というような意味になるため、後ろに次のような文章が続きます。

>

「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」の「賜り」は謙譲語で...

例文のような形で使うと相手は決して恐縮しないのですが、必要な感謝の度合いは相手方に対して十分に伝わることになります。 年賀状での使い方 年賀状もビジネスシーンで欠かせないものですよね。 この度は提出率100%で期限前日にデータのご提出をいただきました。 前文の要素には、これらの「感謝の挨拶」以外に「時候の挨拶」や「安否の挨拶」があります。 よく使われるのは「日頃は大変お世話になっております」「毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」「平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます」「平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます」などがあり、相手との関係により、適切に使い分けます。

>

格別のご高配 /文例・敬語の使い方・意味

となり、どれもまったくおなじ意味です。 もし仲の良い友人から、メールで「早春の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」などと送られて来たら、かえって驚いてしまいます。 すると「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」の意味は… 「お心配りをしてもらい、本当にありがとう」 「お心遣いをしてもらい、本当にありがとう」 のように解釈できます。 敬具』 これを分かりやすくすると『つつしんで申し上げます。 毎度並々ならぬご愛顧を賜り、深く感謝申しあげます•。 「前文」の要素「時候の挨拶」の意味と使い方 「時候の挨拶」は、その時々の季節の様子や気候についての文章で、会話で言えば「いお天気ですねぇ」のように、相手の心を和らげる役目があります。

>

「ご高配を賜り厚くお礼申し上げます」意味と使い方・例文

手紙の「前文」には「時候の挨拶」の後、相手の様子をうかがう「安否の挨拶」そして相手との関係性に感謝する「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」などの「感謝の挨拶」を続けます。 平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。 「ごあいさつ」をして、「ありがとう」を伝えて、その後で、やっと「本文」を伝えます。 またこの表現は「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」という形で使います。 敬具 記 会社名: 株式会社テラオカ関西 本社所在地: 大阪府大阪市北区松ヶ枝町5-15 代表者取締役社長: 坂田晃造 イベント情報 挑戦し続ける5つの営業部門とお客様を支えるCS部門 株式会社テラオカは1951年 昭和26年 の創業以来、TERAOKAグループのトップディーラーとして市場の変化に柔軟に対応し、多くのお客様のお役立ちを担って参りました。

>

(株) テラオカ

分社化に関するお知らせ 令和2年1月1日 株式会社 テラオカ 代表取締役社長 髙橋直樹 拝啓 時下、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 何が違うのかというと… ビジネスメールでは「お世話になっております」を使うのが一般的であり、ビジネス文書など公式なシーンでは必ず上記のように「ご高配」や「ご厚情」「お引き立て」をつかって挨拶文をつくりますね。 せっかくですから、いくつか類語をご紹介しましょう。 ビジネス文書の書き出しには、「ご高配を賜り」のように感謝を述べるものから、相手の繁栄を喜ぶ祝福の言葉、季節ごとに変わる時候の挨拶など、実に多くの定型句が存在します。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。

>