デュエル マスターズ デッキ。 【デッキ】ナイトデッキ

デュエルマスターズ │ デッキ紹介 │ すめらぎ【マーシャルループ】

コントロールしきった後、 《白皇世の意志 御嶺》を 《ダイヤモンド・ソード》で攻撃可能にすることで一斉攻撃をするフィニッシュプランが主ですが、 《白皇世の意志 御嶺》と1体クリーチャーがいれば 《ダイヤモンド・ソード》でジャスキルを無理やり狙うことも可能です。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 ありがとうございます。 普通、この手のシステムカードは除去に弱いのが常識ではありますが、このデッキでは、 《白皇世の意志 御嶺》につけることによって除去への耐性を得るため、一度プレイするとゲームの終了時まで場に残ることが多々あります。 最強の定義 本記事では最強デッキを「 デュエル・マスターズ競技環境での相対的な強さ」と定義します。 最後までご覧頂きありがとうございました。

>

デュエルマスターズ │ デッキ紹介 │ すめらぎ【マーシャルループ】

データをさんより頂きました。 11月21日 土 に発売した「蒼龍革命」のカードには強力なものもあり、現在様々なデッキが試案されていますが、現在の環境では形が定まっておりません。 7位~ 環境デッキ 環境上位までのデッキと比べて、相性差の問題やデッキパワーの問題をかかえるデッキが多いが、十分な実力を持つ。 まずはじめに目指すのは ドローループですね。 《》が入っていた時のように初手の色事故で青マナが置けないことが全くなくなったのもポイントが高いです。 今後期待のあるデッキです。 その他のデッキにはルール変更による直接の影響はありませんでしたが、【ラッカドラグナー】に不利だったデッキは若干評価を上げています。

>

【デュエルマスターズ】環境デッキランキング 12月3日更新!|デネブログ

このリストは「第89回デュエマブルーホースCS」にて、ろーず選手が優勝された際のものになります。 Tier2とは「Tier1やTier2のデッキにある程度勝てる見込みがあり、大会でも毎回一定数いると予想されるデッキ」です。 今回のフィニッシャー枠となっているカードです。 手札補充、除去、ハンデスの呪文を使い倒し、アドバンテージをとりまくる。 ドローループから無限アタックループを全てクリーチャーだけで出来るこのデッキだからこそ選択肢に出てきたカードなのだと感じています。 。 革命チェンジの裁定の変更によりバトライループはできなくなりましたが、デッキのメインのギミックではなかったため、あまり大きな影響はありません。

>

デュエルマスターズ

それでは解説していきたいと思います。 また、新たに環境へ登場した【ドロマーオーラ】は不利対面が少なく、安定性が高いことが評価され環境に食い込んできました。 ですが、今回ご紹介するリストは相手の呪文と7コスト以下の召喚を封じて無限アタックが出来るように工夫のされたものとなっており、今回はその部分について迫っていこうと思います。 このアタックループにも革命チェンジ先を2枚使うパターンや、《》を2枚使うパターンなど、色々な方法があるのを見て、改めて面白いデッキだなと思いました。 今回「最強戦略! Tier1 【デイガドラグナー】Tier1 特に 《ヘブンズ・フォース》が絡んだ際の動きは最大値が高く、引いた試合は手札と《爆熱剣バトライ刃》の捲りによっては2ターンキルができる場合もあります。

>

デュエルマスターズ

手札のジェリー、ライベルモットのセットは革命チェンジ先2枚目でもいけます。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 そして《魔光帝フェルナンドVII世》か《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》を召喚し、勝負をつける! 《ハイドロ・ハリケーン》や《魔天降臨》《英知と追撃の宝剣》も終盤の勝負の決め手となりうる。 一度は【リースヴァイカー】の台頭で数を減らしましたが、裁定変更によって大幅な弱体化を受けた【ラッカドラグナー】の代わりとなるドラグナーデッキとして再び注目を浴びています。 2ターン目は順調にいけば進化元の設置ターンとなります。 ドラリンパック」にて強力な進化元兼ドローソースである《》が追加されたことによって、 進化元を青単色で用意することが出来るようになりました。 DMvault環境 入賞数ランキング で毎日開催されている大会の月間入賞数ランキング。

>

デュエルマスターズ │ デッキ紹介 │ すめらぎ【マーシャルループ】

以前の環境との違いについて 11月19日 木 のルール変更により閣ループができなくなり、閣ループがメインギミックだった【ラッカドラグナー】が環境から姿を見せなくなりました。 この形にすることで、ループに入れずとも《》と進化元達を一気に手札に戻しながら相手の動きを1ターン縛る動きがとれるようになり、最悪呪文をメタられたとしてもこのカードを絡めつつ無限アタックに繋げれば大体のデッキを倒すことが出来るので、ある意味での差別化が出来ていて非常に良い工夫だと思いました。 一気にバーンメア環境に。 このデッキはシールド全てと山札全てを触ることが可能なので、序盤にマナに置いたり、 ハンデスされない限りは絶対に2枚揃えることが出来るところも魅力のひとつですね。 4位~6位 環境上位 環境最上位のデッキに匹敵する程のデッキパワーを誇るが、環境上位までのデッキとの相性差により相対的な入賞率はやや落ちる。 僕自身も丁度この記事を書いているタイミングで注文していた《》が届いてデッキを組むことが可能になったので早速色々試してみようと思っています。 マーシャルループで無限アタックする手順です。

>

デュエルマスターズ

Tier3とは「弱点が多い、デッキパワーが低いなどの理由で使用者は少ないものの、特定のメタゲームでは活躍することができるデッキ」です。 やり方としては《》で墓地からドロー呪文を回収し、《》でトリガーさせながらアタックキャンセルをする方法や、《》の進化元を《》にしてアタックキャンセルをする方法など、複数のパターンがあるので、状況に合わせて使えるよう色々と覚えておくと良いでしょう。 ベスト4以内に入賞した数によって順位が決定されています。 pic. Tier1とは「環境内に不利なデッキが少ない、あるいは相性差を覆しやすいデッキであり、大会で持ち込みが一番多いと予想される対策必須のデッキ」です。 詳しくはろーず選手自身がTwitterで動画をアップしていましたのでこちらをご参考に。 また、 《極幻空 ザハ・エルハ》は 《スローリー・チェーン》のシールドを墓地に置く能力を無効化できるため、相手に 《スローリー・チェーン》の発動を止める手段がなければ無限に耐久することが可能です。 そこからはフィニッシャーである《》と《》を引き込み無限アタックを行います。

>